« 湯布院、冠雪した由布岳  2009.11.21 | メイン | 小中病院のクリスマス・イルミネーション始まる  2009.11.26 »

臨時議会開催6議案可決、1議案否決  2009.11.24.

 日田市臨時議会が24日10時から開催されました。議案は5議案、議員追加議案が2議案です。5議案はすべて総務委員会に付託されましたが、すべてが終了したのは、なんと19時過ぎで夜の予定をキャンセルしないといけない事態に。致し方ないことです。議会の開催日に予定を入れると、遣り繰りがつかない事態になることが間々あります。この日、佐藤市長を筆頭に市役所の部課長クラス40名近くが、大分市である大分県庁に勤務する日田市出身者職員と懇親会を開催する予定で、17時半にバスで日田市役所を出発する筈でしたが、大きく予定がずれました。

 可決された議案は、人事院勧告に基づき市長、教育長、市職員のボーナスを減額する案と、市内循環バスを2台購入(35,550,830円)する案、地域情報基盤センター施設整備工事請負契約のうち自主放送設備整備工事(九電工大分支店、190,845,900円)を増額し、978,324,900円とする案、伝送路施設整備工事(NTT西日本大分支店)の変更で77,115,150円増額し、1,170,690,150円とする案です。市職員のボーナス減額案(期末手当▲0.1月分、勤勉手当▲0.05月分)では、市内経済に与える影響が大きいとして共産党3名が反対しました。

 循環バスでは、6社の指名に対して2社が応札、入札までの日数が少ないなどの意見が委員会で出ました。地域情報基盤整備に関しては、前回の落札が異常な形での結末だった為に、今回の大幅な増額は何かしらの憶測を呼びましたが、「当初からの計画に上がっていたもので、国の交付金の交付決定が遅れたために、一括発注ができずに追加せざるを得なかった」としました。前回情報センター工事の指名業者のすべてが応じず、2社が入札に参加予定で、入札時に1社が辞退し1社が入札。それが99.81%の落札率。伝送路が95.3%の落札率です。この落札率に予定価格を掛けたものが今回の増額価格です。約2割に達する金額です。何か釈然としません。また、日田市では民間のケーブル放送局と公設の自主放送局の番組が、地域ごとに違った番組を放送するようになります。税金の無駄遣いにもつながるのではと・・・・・。

 議員報酬の減額追加議案では、室原基樹、菅田敏幸、高瀬敏明、大久保征雄議員と私(川崎邦輔)の5名で、横並びでない数字。12月分報酬の減額幅を▲0.2月分(10万9千円)とする議案を提案しましたが賛成少数で否決されました。続いて、井上議員が▲0.1月分(5万4千円)とする議案が提案され賛成多数で可決されました。ある議員の奥さんの提案・・・「そんな僅かの減額でなくて一層のことボーナスを全額減額したら」との厳しい指摘も。井上議員に対して、どうして▲0.1月なのか質問しましたが、「他所もそうしている。いろいろ別の数字も出たが忘れた。」との提案議員の返事でした。赤信号一緒に渡れば怖くない・・・・・・・・。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 臨時議会開催6議案可決、1議案否決  2009.11.24.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1626

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ