« 天皇陛下と習近平中国副首相の会見  2009.12.19 | メイン | 阿久根市の竹原市長  2009.12.19 »

カダフィ大佐が日本の学生と衛星で対話 2009.12.15

朝日新聞によると、12月15日にリビアのカダフィ大佐が明治大学の学生たちと衛星回線で対話したとあります。その中で、・・・・引用開始・・・カダフィ氏は「これまで日本人を困らせたくないので、話すことを避けてきた」と前置きし、「原爆を落とした米国に日本人がなぜ好意を持てるのか理解できない」と持論を繰り広げた。

 明治大軍縮平和研究所が主催し、学生ら約730人が参加。都内の会場とトリポリを衛星回線でつなぎ、カダフィ氏が執務室から講演した後、学生の質疑に答えた。

 講演では「欧米諸国と違い、日本はアフリカ大陸で植民地政策や侵略行為をしなかった」と評価する一方、「国連で日本は米国に追随してばかり。もっと自由な意思を持たないといけない」とも語った。 ・・・・・引用終わり

 先日も、宇野正美国際時事講演会で、カダフィ大佐が異例の長時間演説を国連でやり、通常15分間という演説時間を無視し、延々1時間36分に亘って演説したことを話し、新型インフルエンザについても触れたことを聞きました。

 この延々と語られた演説内容に、マスコミは触れず「通訳がギブアップ」したことを報道しています。

 そこで、演説内容をネット検索してみると翻訳された文章に辿り着きました。便利な時代になりました。

 演説の内容は、オバマ米大統領への祝福、過去の65の戦争、そのうちの8つの大きな戦争、それを防がなかった安全保障理事会の拒否権を行使する国々によって武力行使が行われた。国連憲章、小国家フォーラム(FSS)の永久席、平等な投票権、アフリカ連合平和安全保障評議会(MAS)、国際司法裁判所と国際原子力機関(IAEA)の非主要国に対する強要、植民地からの補償要求、葡萄の房(クラスター爆弾)、夏の雨(絨毯爆撃) 、砂漠の嵐、雷鳴、毒バラ(リビヤ爆撃・エルドラドキャニオン作戦、F111空挺部隊によるレーザー誘導爆弾)、多極化した世界、アルカイダとテロリスト、グアンタナ刑務所、朝鮮戦争、スエズ運河戦争、ベトナム戦争、パナマ問題、グレナダ侵攻、ソマリア爆撃、ユーゴスラビア戦争、イラク戦争・大量浄化殺害・フセインへの死刑宣告、アブグレイブ刑務所、アフガニスタン戦争、ニューヨークテロ、内戦への無視、パトリス・ルムンバ暗殺(コンゴ)、ダグ・ハマーショルド国連事務総長殺害、ケネディ暗殺とディモーナ原子炉調査問題、マーティン・ルーサー・キング暗殺、カリル・アルワズィールPLO副議長暗殺、アブ・アヤドPLO副議長暗殺、カマル・ナセルPLOスポークスマン暗殺(Al Fardan作戦)、カマル・ウドワーンPLO作戦部長とアブ・ヨシフPLO政治部門部長暗殺(若者の春作戦)、モーリス・ビショップ(グレナダ指導者)暗殺、サブラとシャティラの大虐殺、ガザの大虐殺、ソマリアの海賊行為問題と経済的水域・有害廃棄物投棄問題、インフルエンザのウイルスとワクチンと防諜機関、グリーンブック、オタワ条約の再検討、パレスチナ問題、ホワイトブック、アラブ族とイスラエル人はいとこ、アル・ハリリ(レバノン首相)爆殺、カシミール問題。・・・http://blog.officematsunaga.com/archives/1696

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: カダフィ大佐が日本の学生と衛星で対話 2009.12.15

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1660

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ