« TBS「うたばん」に出演  2009.12.15 | メイン | 教育福祉委員会審議に三日間  2009.12.17 »

部下が辞めて行く上司  2009.12.17

 部下が辞めて行く上司について、税理士の見田村さんからメールが来ました。会社では解雇という手段で組織防衛できますが、市役所などの公務員の世界では、相当の理由がないと解雇ができません。

 狭い世界に中で、無能な上司が存在することは組織にとって非常なマイナスです。市役所では、生活があるから上司が嫌だといって簡単に辞職できません。転職しても市内では、同等の給与を確保するのが困難です。

 そうするうちにストレスが、鬱(うつ)に転化します。

 対応策を講ずる必要があります。

 公務員とでは、ケースが違いますが、ご参考までに・・・・。

 

・・・以下に、見田村さんからのメールを転載します。・・・

 

<バイオテック事件 東京地裁 平成14年11月>

 ○ ある上司の部下に対する態度が感情的

 ○ 指示などに一貫性がない

 ○ この上司の部下(複数名)が既に退職

 ○ 在籍する社員からも退職の申し出があり

 という状況だったのです。

 
 そこで、会社は

 ○ 業務に著しい支障あり

 ○ 他の従業員からも苦情あり

 ということで、上司を「解雇」しました。


 これに対して、上司は納得できず、裁判を起こしたのです。

 
 しかし、裁判所の判断は

 ○ 業務に支障がでているのは明白

 ○ 解雇は有効

 としたのです。


 このように、「上司の傲慢 = 解雇は有効」という判決があるのです。


 もちろん、解雇するばかりが方法ではありません。

 配置転換などを行うことも対策の1つです。


 ただし、結果として改善されなければ、解雇するしかありません。

 この場合は裁判も想定すべきでしょう。
 

 ちなみに、解雇を実施し、裁判になった場合、

 有効になるのが「具体的な記録」です。


 例えば、

 ○ その上司を外して、退職時にヒアリングした記録

 ○ 在籍している部下からの苦情に関する記録

 などを残しておくことが重要です。


 そのためには、日頃から部下の苦情を吸い上げる機関の設置なども

 有効でしょう。


  
 しかし、放置されていることも一般的です。

 就業規則の改定も大切ですが、もっと大切なことは

 ○ 上司への厳しい指導

 ○ 部下へのヒアリング、ケア

 です。


 これが「不幸な結果」を出さないため手段なのです。

 いかがでしょうか。


 
 私は仕事柄、色々な会社の中身を見ることができます。

 社長の本音を聞くこともできます。


 その中で思うことは

「情に流される社長が多すぎる」ということです。


 見田村はよく

「情を忘れた冷たい人間になってはいけない。

 しかし、情に流されていいことは1つも無い。

 誰よりも熱く、誰よりもドライな判断が経営には必要だ。」

 と言います。 


 私も全くその通りだと思います。

 日本人的というか、情に流されてしまう社長は本当に多いのです。


 しかし、その甘さがトラブルに発展する原因でもあるのです。

 決断すべきときは決断をしなければならないのです。

 
 川崎さんは決断すべきときには、きちんと決断して下さいね。

・・・・・・・・

財務省は国・地方の公務員給与を比較するための新指数の策定に向け、各都道府県に
協力を要請する。国家公務員の給与を100とした場合に地方がどの程度かを示す
「ラスパイレス指数」の改定版。地方公務員人件費の改革を本格化するためにも、
各都道府県からのデータの提供が必要と判断した。

 同省は地方公務員の人件費改革の実現のため、国と地方の公務員給与を比較する
新たな指数づくりに着手。公務員の年齢や学歴ではなく、課長職や部長職といった
「ポスト」に着目し、同等のポストの国家公務員の給与と比較しているのが特徴。
市町村でのサンプル調査では、地方公務員の給与が国家公務員の給与に比べ「17%高い」
との結果が出ており、都道府県まで調査対象を広げてさらに精度を上げる。


▽News Source NIKKEI NET 2007年07月23日07時01分 

▽関連
【労働環境】霞が関の公務員、「サービス残業」年間132億円...労組試算[07/18]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1184747436/  (2チャンネルにリンクしています。開いてから先のリンク先は、気分を害するところにリンクされていますので、開かないほうが・・・・・。)
【賞与】公務員にボーナス 国家公務員は34歳で平均約62万円[07/06/29]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1183084736/  (2チャンネルにリンクしています。開いてから先のリンク先は、気分を害するところにリンクされていますので、開かないほうが・・・・・。)

【公務員/交通】神戸市市バス運転手の3割が年収1000万超、平均は890万円:民間と比べ1.8倍 [07/06/28]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1183049529/  (2チャンネルにリンクしています。開いてから先のリンク先は、気分を害するところにリンクされていますので、開かないほうが・・・・・。)

 【景気】 「個人消費の低迷、地方公務員の給与削減も影響」...みずほ総研 [070618]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1182219718/  (2チャンネルにリンクしています。開いてから先のリンク先は、気分を害するところにリンクされていますので、開かないほうが・・・・・。)

  

財務省が2005年の全国47都道府県の地方公務員の給与を調べたところ、
各地域の民間企業の給与と比べて平均で約21%高いことが分かった。
国家公務員の給与は約6%高。東北や九州では3―4割弱高い自治体も
目立ち、地方公務員の給与水準が民間とかけ離れている実態が改めて
浮き彫りになった。
民間給与は厚生労働省が各地域の従業員100人以上の企業を対象に
集計した金額を採用。地方公務員給与は、各都道府県の人事委員会が
各自治体の首長らに勧告した額を用いた。実際の給与を勧告より
減額している自治体もある。 (07:00)


週刊文春 公務員の生活 おいしすぎる特集

・青森県民間平均年収360万円(40歳)全国ワースト1位
青森県職員平均年収691万円(42歳)
なぜこんな差が・・・答えは簡単、調査対象を厳選してるから
調査対象=企業規模100人以上で、かつ、事業所規模が50人以上の企業だけ
青森県でこの条件を満たす企業はわずか232社 民間準拠とは勝ち組に合わせる制度
・東北エリアで一戸建て住宅販売ナンバー1の住宅メーカーの社長談
「青森市、弘前市周辺では客の半分弱は公務員、むつ市になると75%が公務員」
・県職員1人減らせば民間から3人雇える。今の青森県で年収250万の条件で5人募集すれば30人は集まる。
・天間林村 役場の課長が2人 家を見ればすぐわかる。彼らは3~4千万クラス床暖房完備のすっごい家
天間林の農家一戸あたりの所得は150万円、役場の課長は700万円で農家も兼業 新車のトラクターを
買えるのはかれらだけ、専業の僕らは買えない
http://www.geocities.jp/koumu_win2003/bun9.4.html


 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 部下が辞めて行く上司  2009.12.17

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1655

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ