« アクセス数急増 2010.3.12 | メイン | 日田市 副市長辞職問題 2010.3.13 »

日本語の素晴らしさ、難しさ 2010.3.13

 日田市副市長の退職記事が、大分合同新聞、毎日新聞、読売新聞、西日本新聞、に掲載されています。朝日新聞には、紙面の都合でしょうか記事になっていません。各紙の報道の違いについては、後日触れたいと思います。認定こども園についても、各紙の扱いは違っています。これも後日に。

 副市長のことをブログに書いていて、ふと思ったこと。副市長の行動は、退職、辞職、辞任でしょうか?パソコンで検索すると、(ヤフーの知恵袋より引用開始)用法] 辞職・退職――「後進に道を譲るために辞職(退職)する」など、職をやめる意では相通じて用いる。◇「辞職」は自らの意志で職をやめること。「責任をとって議員を辞職する」「辞職願い」◇「退職」は職場から去ることで、自発的なものばかりでなく、定年・免職なども含まれる。「退職して悠悠自適の生活に入る」「定年退職」「退職金」◇類似の語に「辞任」がある。「辞任」は、それまで就いていた任務・役職などをやめること。必ずしも職場を去るとは限らない。「委員を辞任する」(引用終わり)とあります。

 と言うことは、退職ですか・・・・・・・。ヤッパリ、自らの意志であれば辞職かな。日本語の素晴らしさ、難しさ、使うタイミングの難しさを感じます。同様に、民間保育園連盟が佐藤日田市長に抗議とありました。大分合同新聞が写真入記事、他には毎日新聞、西日本新聞が記事にしていました。これについても後日に。また、副市長の新聞報道で、12日の毎日新聞記事に対して佐藤市長が文書での抗議を考えているとの事。13日の毎日新聞に、上下で記事になっていました。抗議する人、される人・・・・・これから、どうなるのでしょうか?

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日本語の素晴らしさ、難しさ 2010.3.13

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1758

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ