« 今日は一般質問に立ちます 2010.6.16. | メイン | ひまわり保育園新園舎落成式 2010.6.20. »

石松雅彰 日田市副市長退任挨拶 2010.5.15.

 日田市議会本会議一般質問で、坂本議員が副市長の退任と後任問題について触れましたが、ここの石松副市長の本会議場での最後の挨拶を掲示します。佐藤市長は、石松副市長が自己の都合で辞職したと本会議場では述べていますが、事実は違うようです。先の選挙では、佐藤市長は新人候補として現職候補に大差をつけて勝利しました。これは、市民が「新しいぶどう酒は、新しい皮袋に」との思いが結実した結果ではなかったのでしょうか。市民の思いが何処にあるのか、真摯に大勢の意見に耳を傾けて「王様の耳は・・・・・」にならないように、残りの1年余りの任期を頑張っていただきたいものです。日田市民の為に・・・・・・。「新しいぶどう酒は、新しい皮袋に」・・・http://sakky-tamano.blogspot.com/2009/06/4.html

・・・・市議会会議録から・・・・・

◎副市長(石松雅彰君) [登壇]
 お許しをいただきまして、私ごとではございますが、一言ごあいさつを申し上げたいと思います。既に御案内かとは存じますが、私は今月末をもって副市長の職を辞することになりました。市議会の皆様方には、長い間、大変お世話になりまして、まことにありがとうございました。


 思えば、2年半前、佐藤市長より初代の副市長にとお声があり、議会での全会一致の御同意をいただいて副市長に就任をいたしました。もとより浅学非才ではございましたが、市政発展のために少しでもお役に立てればとの思いで、これまで私なりに精いっぱい務めてまいったつもりでございます。


 しかしながら、佐藤市長は非常に豊富な能力と長い行政経験をお持ちで、行政執行の面で私が補佐をする面は非常に少なく、また一部マスコミ報道にもございましたが、逆に市長の手法や考え方について私の中で戸惑いや違和感があったことも事実であります。また、非常に多忙で精力的に職務を行う市長とコミュニケーションが十分に図れず、信頼関係を築くことができなかったとの思いもございます。


 こうした不満、不信感が募る現体制の中で、私は副市長としての役割や存在価値あるいは必要性を見出すことができず、私がこのままこの職にとどまることは、佐藤市政におきましても、また市議会や市民の皆様にとりましても好ましいことではなく、また財政的にも無駄ではないかと思っております。このため、大変わがまま勝手ではありますが、今回、退職を決意いたしたところでございます。

 


 市議会の皆様方には、職員時代を含めまして、これまで幾度となく叱咤激励やねぎらいの言葉を賜りながら、その役割を十分果たすことができなかったことを深くおわび申し上げたいと思います。

 

 私は、役所生活37年間の大半を総務や企画部門で過ごさせていただきました。この間、二度にわたる総合計画の策定に携わり、また平成の大合併と言われました市町村合併にも事務局として直接携われたことは、非常に大きな思い出でございます。今後は、地域においてお役に立てることがあれば、積極的に取り組んでまいりたいと考えております。


 市議会の皆様方には、これまでの御厚情に重ねて厚くお礼を申し上げますとともに、今後ますますの御活躍と御健勝を御祈念申し上げ、退任のあいさつとさせていただきます。まことにありがとうございました。(拍手)関連ブログ・・・http://www.k-kawasaki.info/2010/03/2010323.html

 

・・・・・・新聞報道から辞任劇を見る・・・・・・

 

  佐藤市長・石松副市長・共同記者会見(市長提案?)

 

http://www.k-kawasaki.info/2010/03/-2010313.html

 

  先んじた報道

 

http://www.k-kawasaki.info/2010/03/2010312.html

 

http://www.k-kawasaki.info/2010/03/2010311-1.html

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 石松雅彰 日田市副市長退任挨拶 2010.5.15.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1965

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ