« 松田正平展示会 2010.6.01 | メイン | 鳩山政権の次は 2010.6.01 »

日田市議会平成22年度6月定例会 2010.5.31

2010.06.01 010mk.JPG 6月7日から24日まで日田市議会が開催されます。31日に告示され自宅に議案集が届けられました。主なものは、市乳幼児医療費助成の対象年齢の枠を、現在の「乳幼児」6歳から「子ども」満15歳(3月31日まで)へ広げる為の条例改正、市国民健康保険税の引き上げ条例改正(基礎課税額を47万円から50万円へ、後期高齢者支援金等課税額を12万円から13万円へ、所得割額を100分の5.90から100分の8.18へ、均等割りを19,200円から24,000円へなど、世帯別平等割額、後期高齢者支援金等課税額の所得割額・被保険者均等割額、介護給付金課税被保険者所得割額・世帯別平等割額・被保険者均等割額などのすべてが引き上げられます。課税上限額も47万円から50万円へ。)不景気の真直中、この国保増税は市民の家計を直撃です。高齢者買い物難民にも深刻さが増します。

 地域情報基盤センター施設整備工事419,790千円(九電工)、地域情報基盤伝送路施設整備工事1,062,600千円(西日本電信電話㈱大分支店)の工事請負契約(一般競争入札)の締結。市公共下水道日田終末処理場建設工事640,000千円(日本下水道事業団・随意契約)。消防ポンプ車2台35,818,740円(新日本消防設備㈱・指名競争入札)・五和分団・東有田分団に配置。小中学校等校務用シンクライアント方式コンピュータ取得172,470,270円(㈱オーイーシー・随意契約による見積入札)。市土地開発公社からウッドコンビナート公園整備の為に土地を購入179,901千円(16,107.73平方メートル)。雇用促進住宅日田宿舎を独立行政法人雇用能力開発機構から購入73,918,263円(土地6,338.99平方メートル・鉄筋コンクリート造陸屋根5階建延床面積5,106.75平方メートル・随意契約)。

 一般会計補正予算では歳入歳出でそれぞれ138,524千円、主なものは、歳入で社会資本整備総合交付金16,200千円、緊急雇用創出事業補助金21,180千円、森林体験学習促進事業委託金300千円、財政調整基金繰入金62,844千円、街路事業11,200千円、大明地区小中一貫校校舎新増改築事業債14,000千円などで、歳出ではコミュニテイl助成補助金14,000千円、緊急雇用創出事業委託料17,333千円、畜産費消耗品46,790千円(消耗品44,055千円・燃料費2,735千円)・口蹄疫対策用備品購入費1,323千円、街路事業費28,000千円、教育振興費・実施設計委託料23,499千円、森林体験学習促進事業交付金300千円などです。

 他に、日田市土地開発公社、市市民サービス公社、中津江村地球財団、市天瀬農業公社、上津江農業公社、㈱つえエーピーの経営状況の報告書が提出されています。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日田市議会平成22年度6月定例会 2010.5.31

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1931

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ