« 鳩山政権の次は 2010.6.01 | メイン | 韓国海軍哨戒艇沈没事件のその後  2010.5.31. »

鳩山由紀夫首相・小沢一郎幹事長辞任へ 2010.6.02.

2010.06.01 011mk.JPG 2日10時過ぎ、民主党両院議員総会で鳩山由紀夫首相が辞意を表明しました。その際、昨日夕方の小沢一郎幹事長・興石東参議院会長との会談で小沢一郎氏にも辞任を迫ったことを披露し、同意を得たと発言。クリーンな政治を目指して民主党を再生して欲しいと述べた。これで、鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長の辞任へと進みます。これを受け、すべての役員が辞任し、民主党の代表選は明後日の両院議員総会になるとのこと。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100602-00000523-san-pol.view-000

 72%の支持率から21%への支持率の低下は、如何ともしがたいものです。政治と金の問題、普天間問題が直接の原因です。やはり政権奪取後の政権運営は、官僚の支持がないと難しいのでしょうか。事業仕分けなど国民の支持を得ていましたが、他の面での取りこぼし、根回し、状況判断、発言の不用意さなどが響きました。政治の世界は、「一寸先は闇」です。市議会でもこのようなことが間々起こります。次の代表は誰になるのでしょうか?日本の政治の行方は?とにかく、国民が賢くならないことには政治の転換は起こりません。すぐに、参議院選挙、そして来年は統一選挙の年です。県知事、県議、市議、市長選挙と続きます。有権者・国民の判断が、自分達に降りかかる政治の中身を変えます。マスコミの論調に迎合することなく、安易な世論調査に盲目になることなく、自らの判断で行動することが求められます。

 新しい政治の展開を国民が願っていただけに、今回の辞任・政権運営は残念です。

 政党・政治家に騙されない為に、日経ビジネスから・・・http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100527/214625/

 

 ※ 私のブログの見方・・・カテゴリがたくさんあるので記事の探し方を良く聞かれます。最新レポートの枠内下にある「記事一覧」をクイックするとすべての記事を見ることが出来ます。→http://www.k-kawasaki.info/archives.html

 おまけ・・・http://ameblo.jp/warm-heart/entry-10011141648.html

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 鳩山由紀夫首相・小沢一郎幹事長辞任へ 2010.6.02.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1932

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ