« 散歩コースで  2010.4.29. | メイン | 明礬温泉、紺屋鉱泥の泥湯を体験  2010.5.29. »

鮎の姿焼き 2010.6.09.

2010.06.09 191mk.JPG 先日、飯田さんが友釣りで釣り上げた鮎を、生きたまま凍り締めにしていました。この鮮度抜群の鮎を、塩焼きにし、ちょうど、就職試験で帰省している次男と一緒に、昼食のおかずとして美味しく頂きました。

 先月から、就活で帰省している次男は、今年、中央大学(法)の4年生を卒業予定でしたが、新卒としての再チャレンジの為に、3単位を残して留年しました。公務員を目指していますが、競争率が激化していて大変です。長男の時(4年前)は、左うちわでしたが、リーマンショック以降は、世界大恐慌に襲われて就職氷河期が訪れています。

 私の大卒時も、オイルショックの物不足の狂騒から一転して、物余りの時代に突入し、就職の氷河期の最初でした。この年に、大学卒業者が大量に中小企業に就職しました。

 息子達の時代は、ゆとり教育の洗礼を受け、週休二日制、総合学習、センター試験の英語のヒアリング導入など、節目節目の最初の体験を味わってきたこども達です。もう少し、国は子どもの教育に責任を持って取り組むべきです。場当たり的な政策が多すぎます。OECDの学科別成績調査でも日本の学力は低下するばかりです。教師の質も同時に低下しています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 鮎の姿焼き 2010.6.09.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2011

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ