« 伊藤塾開催、筑後軌道で大盛況  2010.8.27. | メイン | 三隈川可動堰に浮遊物が  2010.7.31. »

下筌ダム、松原ダムでアオコ発生 2010.9.02.

2010.09.03 288mk.JPG2010.09.03 287mk.JPG2010.09.03 289mk.JPG2010.09.03 290mk.JPG

(写真上左:下筌ダム堤体付近、上右:津江堰下流付近 分画フェンス設置、下左:松原ダム堤体付近、下右:津江堰付近 空気による分画装置設置)

 
 下筌ダム湖では、8月17日頃より緑藻類(ボルボックス属)による着色が発生し、湖面が緑色になるところが。26日頃より湖面が黄緑色となった為に調査し、藍藻類(アナベナ属:アオコの原因種)および、渦鞭毛藻類(ケラティウム属:赤潮の原因種)が優先種であることを確認する。
 事前に設置していた分画フェンスと空気による分画装置で、アオコの上流への拡大を防いでいる。

 松原ダムでは、8月30日頃よりダム堤体付近で、緑色の着色が発生し、調査の結果、藍藻類(ミクロキスティス属:アオコの原因種)が優先種であることを確認する。
 現在、ダム湖に筋状に確認できる程度であり、曝気装置の運転を引き続き実施する。


 以上の報告が、9月2日に市役所の担当者からありました。
 原文は、下記のホームページからアクセスできます。

※筑後川ダム統合管理事務所記者発表・・・ http://www.qsr.mlit.go.jp/toukan/


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 下筌ダム、松原ダムでアオコ発生 2010.9.02.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2060

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ