« 小沢一郎、徹底抗戦  2010.10.28 | メイン | 藤井美相先生、第42回日展初入選おめでとう 2010.10.16. »

スマトラで、再び地震、火山も噴火 2010..10.27.

 下の画像は26日の未明の満月です。手振れで少し歪んでいますが、綺麗な満月です。風が吹き、急に冷え込んできましたが、元気に散歩です。雲の切れ目から満月が見えます。月の明かりで雲が良く見えますが、西南から東北に向かって大きな筋雲が幾つも並んでいます。ひょっとして地震雲?と思えるような雲でした。このあたりの勘は、今まで意外と当たっています。しかし、福岡西方沖地震の前日の鮮やかな夕焼け雲は忘れられません。西日本新聞社の新日田支局落成式をホテルで終え、二次会を新支局で始めた頃でした。そして、この数時間前にインドネシアで地震が起こり、この十数時間後には火山の噴火です。天変地異とは、正にこのことかと。2010.10.26 002mk.JPG

 

・・・・毎日新聞より転載(ヤフーニュース)・・・・

<スマトラ沖地震>津波の死者300人に、ムラピ山再噴火も

毎日新聞 10月27日(水)21時32分配信

 【ジャカルタ佐藤賢二郎】インドネシア西スマトラ州のムンタワイ諸島沖で25日夜に発生した地震による津波で、地元当局は27日、死者数が300人に達したことを明らかにした。依然400人以上が行方不明となっており、犠牲者はさらに増える可能性がある。

 また、26日夕に発生した同国ジャワ島中部のムラピ山の噴火で、地元メディアは27日、計30人が死亡したと伝えた。同日夕には新たな溶岩ドームと火山灰が確認され、再噴火する可能性もある。

 ムラピ山の西約30キロにある世界遺産のボロブドゥール遺跡は、降灰の影響で27日から3日間寺院部分が閉鎖される。

 インドネシア科学研究所のダニ・ヒルマン博士(地震学)は今回の地震について、「07年に同じスマトラ島沖で発生したマグニチュード(M)8.4のブンクル地震の余震で、ずれたプレートが戻る過程で起きた」と指摘。一方、複数の専門家は今回の震源付近でのM8.8の巨大地震発生を予測している。

 また、続けて起きた地震と火山噴火という二つの災害の相関関係については、「距離が離れており、関係はない」と分析した。

【関連記事】
スマトラ沖地震:死者が113人に 8割の家屋倒壊の村も
インドネシア:ムラピ山噴火 死者25人に...地元メディア
スマトラ沖地震:津波で108人死亡 502人不明
インドネシア:ムラピ山が噴火 灰浴び新生児死亡
インドネシア:国軍兵士らパプア人集落焼き打ち 映像入手

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: スマトラで、再び地震、火山も噴火 2010..10.27.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2110

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ