« 平成22年12月定例議会 経済環境委員長報告 2010.12.17. | メイン | 平成22年度12月議会 平成21年度決算審査特別委員長報告 2010.12.17. »

平成22年12月定例市議会 建設委員長報告 2010.12.17.

(建設委員長報告のなかで、天ケ瀬総合運動公園の幼児傷害事故について触れていましたので、事故の責任の所在と管理責任の最終責任者を明確にすべく委員長に質問をしました。)

 

・・・(以下、委員長報告)・・・

 

今回の市議会定例会におきまして、私ども建設委員会に審査の付託を受けました各案件につきまして、審査結果の報告を申し上げます。

 

まず、議案第115号平成22年度日田市一般会計補正予算(第3号)うち当委員会に審査の付託を受けました各部分につきまして申し上げます。今回の補正は、各種事務事業の進捗状況に合わせた事業費の組み替え及び決算見込みによるものが主なものであり、次に述べます要望を付し、本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。

 

8款4項1目、都市計画総務費のうち、天瀬温泉まちづくり事業について申し上げます。本事業は、平成19年度からの5カ年計画で、天ヶ瀬温泉のまちづくりに取り組んでいるもので、今年度は、桜滝への遊歩道整備や天瀬温泉福祉センター跡地の整備が実施されております。補正の主な理由は、桜滝への遊歩道整備を行うため、JR久大本線の線路下の架道橋工事に伴うJR九州との委託協定において、年度割額に変更が生じたこと及び仮設道路の設置について、JR九州の一部受託工事となったことにより、予算の組み替えを行うものです。今回、年度割額の変更に伴い本年度予算を大幅に減額しておりますが、本事業は平成23年度が最終年度であることから、今後も関係機関と綿密な協議を行い、計画年度内の事業完了に向け、遺漏のないよう要望するものであります。 

 

次に、843目、公園管理費のうち公園施設整備事業について申し上げます。本事業は、公園遊具の検査で使用は可能であるが部分的に異常があり部分修繕が必要なB判定を受けたものに対し補修を行うため、150万円の増額補正を行うものであります。

審議の中では、10月に天ヶ瀬総合運動公園で発生した遊具事故を受け作成された、日田市公園危機管理マニュアルの提出を求め、説明を受けるとともに 危機管理意識の甘さを再度指摘したところです。

今後は、マニュアルに従い公園での事件、事故に迅速に対応するとともに、二度と公園遊具における事故が発生しないよう、管理者として責任の重さを再認識し、保守・点検業務の強化を強く付言するものであります。

 

次に、議案第118号平成22年度日田市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきまして申し上げます。案は、国の円高・デフレ対応のための緊急総合経済対策に伴う工事請負費の増額が主なものであり、必要な措置と認め、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 

次に、議案第120号平成22年度日田市水道事業会計補正予算(第1号)につきまして申し上げます。本案は、竹田浄水場紫外線処理設備設置工事に対する国庫補助金の交付決定に伴う財源の組み替えを行うものであり、必要な措置と認め、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 

以上、私ども建設委員会に審査の付託を受けました各案件につきまして、審査結果の報告を終わります。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 平成22年12月定例市議会 建設委員長報告 2010.12.17.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2166

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ