眠気も吹っ飛ぶボレーキック、アジア杯優勝 2011.01.30

 2011.01.29. 041mk.JPG 30日深夜、仮眠の後、寝ぼけ眼でテレビの前に横たわり、アジア杯の決勝戦、対オーストラリア戦を観戦しました。緊張感漂う試合展開でお互いに譲らず、日本も攻め込まれるがキーパーの適切な判断で好セーブ、延長戦へ突入しました。

 延長後半4分に、李選手の左足が見事なボレーキックを放ち、ボールがオーストラリアゴールに突き刺さりました。

 観戦した甲斐がありました。日本チームの優勝です。日本チームの働きに、元気をもらいます。

 自己保身、党利党略ばかりの政治家、省益に走る官僚、利益優先の企業家、冷静な判断力を失ったマスコミ報道などに落胆させられるばかりの日本。そんな中、日本が世界を圧倒するのはスポーツの世界ばかりです。

 政治家、官僚、企業家、マスコミは、スポーツ選手の直向な努力に学ぶべきです。

 報知新聞社のスポーツ報知に、アジア杯優勝の詳細な記事を見つけました。転載させて頂きます。

・・・・スポーツ報知より転載・・・・

スポーツ報知へのリンク・・・http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/afc/asiancup/schedule/qualify_group_a.htm

ザック日本4度目V!李が決めた!延長後半4分劇的左足ボレー...アジア杯

 
延長後半4分、李が左ボレーで決勝ゴールを決める

 ◆アジア杯 ▽決勝 日本1―0オーストラリア(29日、カタール・ドーハ・カリファ競技場) ザック・ジャパンがアジアの頂点に立った。オーストラリアとの決勝戦は0―0のまま延長に入り後半4分、途中出場のFW李忠成(25)=広島=が決勝ゴール。1―0で勝利し、大会史上最多となる4度目のアジア王者に輝いた。14年ブラジルW杯の前年に開催されるコンフェデ杯(ブラジル)の出場権も獲得。アルベルト・ザッケローニ監督(57)は就任後8試合負けなしで、初の公式戦で見事に結果を出した。

 ザッケローニ監督は、右手を挙げて、ピッチに走り込んだ。手が震えている。すぐに、両手を挙げた。今度は足元から震えるガッツポーズだ。アジア杯制覇。終了のホイッスルを聞くと、ベンチを飛び出しイレブンの元に駆け寄った。DF内田が飛びついたのを皮切りに、選手が飛びついてくる。指揮官はがっちり受け止め、笑顔で雄たけびを上げた。

 試合を決めたのは、途中出場のFW李だった。0―0で突入した延長戦。その延長後半4分、途中から左サイドの2列目に配置を換えられたDF長友からクロスが送られる。ゴール前フリーで待ちかまえた李が利き足の左足を折り曲げ、ボールを引きつけ、振り抜いた。ゴール左隅へ突き刺さる華麗なボレーシュート。守って、守って迎えた決勝弾。イレブン全員の小さな輪が出来上がった。日本でテレビ観戦した父・李鉄泰さんは「やったね。持ってた。一番持ってた。最後の最後で決めたから。(祝福の)電話が止まりません。感無量です。体の中が脂汗をかいています」と興奮を隠せない。

 豪州には、01年8月15日に勝利して以来、PK以外で勝利したことがなかった。この日も、前半から空中戦を仕掛けられ、劣勢に立った。後半27分、1対1の場面でGK川島が右足でシュートブロック。延長前半14分には再び、川島が右手一本のセーブ。ボールを支配され、空中を行き交うボールに苦戦したが、最後の最後に歓喜が待ち受けていた。

 奇跡は、カタール入り後から始まっていたのかもしれない。代表が1次リーグで宿泊したミレニアム。出迎えたのは、イタリア人オーナーだった。生まれてこの方、インテルのファン。かつてインテル(03~04年)を率いたことのあるザッケローニ監督を手厚く迎え入れた。主審の判定に苦しめられれば、愚痴の受け皿となり、昔話で重圧を忘れる相手になってくれた。初めてのアジア公式大会。救われた。

 転機になったのは初戦のヨルダン戦(9日)だった。1―1で引き分け、ザッケローニ監督は選手たちを一喝した。「試合前のあの雰囲気はなんだ。気持ちが試合モードになっていない」。試合前のロッカールームで笑い声が飛び交い、「何か余裕、余裕という感じだった」(MF柏木)と緩い空気が漂っていたところに、活を入れた。

 その後、主将MF長谷部の呼びかけで、選手ミーティングを開催。「自覚を持って戦おう」と呼びかけた。控え組だけでも、話し合いを持った。「ベンチにいる時は声を出す。練習の時は試合を想定して、練習する」(柏木)。この日も、途中出場のFW李が決めた。さい配を的中させる礎を築き、アジアの頂点に上り詰めた。

 アジア最多の4度目の優勝。団結したザックジャパンが、歴史に名を刻んだ。

 ザッケローニ監督「もう最高の試合。最高のチーム。こんな強い相手に勝った。みんな疲れていたがチーム力で勝った。(李の決勝点は)やってくれると思っていた。ベンチスタートの選手が結果を出してくれるところがこのチームの素晴らしいところ」

 FW李忠成「最高です。ずっと試合に出られなかったんで、待ち続けた結果。本当にうれしいです。オレがヒーローになると自分に言い聞かせてピッチに入った。このピッチに立てて本当に幸せ」

 ◆李 忠成(り・ただなり)1985年12月19日、東京都田無市(現西東京市)生まれ。25歳。在日韓国人4世のイ・チュンソンとしてF東京U―18から2004年にトップチームに昇格。05年柏に移籍。07年2月に日本国籍を取得し、08年北京五輪に出場。09年途中に広島へ移籍した。J1初出場は05年7月10日のG大阪戦(万博)、同初得点は07年3月17日の清水戦(日本平)。代表デビューは今大会の1次リーグ・ヨルダン戦(1月9日)。J1リーグ通算115試合、27得点。182センチ、74キロ。血液型O。独身。

 

16年前、神戸大震災にサリン事件に選挙 2011.01.28.

 16年前の今頃、市議会議員選挙に出るかどうか考えていました。その頃は、山梨で阪神淡路大震災を体感し、自然の恐ろしさを知り、その後に、オウム真理教の地下鉄サリン事件が起こりました。世の中騒然としているところに、統一選挙。東京都知事選では、新人の青島幸男・意地悪ばーさんが、並み居る候補者を引き離し圧勝しました。また、大阪では、横山ノックが当選し、無党派の嵐が吹き、既成政党には逆風が吹きました。

 その年の3月3日の西日本新聞の記事を読んで、「これだ、と思い。」記事にあったサラリーマン新党の市議会議員を探し出して、大野城市まで会いに行きました。この方は、お金のかからない選挙を目指し、後援会組織を全く組織せず、選挙スタッフは、本人と本人の奥さん、本人の弟の三人で選挙カーを回し、ウグイス嬢も無く、他の運動員も全くいなく、選挙事務所を持たない選挙を展開している現職の市議会議員でした。選挙カーで回るときは音楽を流し、要所要所で立会演説し、選挙ポスターも告示の日から自分たちで一ヶ所一ヶ所づつ貼り、そのポスター掲示板の前で演説すると言うスタイルをとっていました。

 最初の選挙では、出馬にあたり福岡県知事がいつも自分の選挙でお世話になっていると言って、知事選時のウグイス嬢を貸してくれたそうです。しかし、その選挙スタイルを目の当たりにして、一日で自分の出番が無いと言い、二日目からウグイス嬢は車を降りたそうです。(これでは、恥ずかしくて落選間違いなしと思ったのかも・・・・・?本人の弁)

 選挙戦4日目には、新聞記者が訪れ、当選圏内に入っているので、当選の前撮りをしたいとのことでしたが、まず、選挙事務所が無い、支援者がいない、ダルマも無いとのことで、記者が大宰府でダルマを買ってきて、選挙カーの前でダルマに目を入れる写真を撮ったとのことでした。

 選挙時のたすきも古臭いとばかりに、新聞記者の提案で前後ろのゼッケンやネームプレートにしたそうですが、これらは名前が見えにくいとのことで、古いたすき型に戻したことも。

 選挙カーは自前で、選挙カーの看板はナフコから材料を買ってきて手作りでした。選挙事務所も無し、運動員も無し、後援会も無しの無い無いづくし。しかし、選挙ポスターだけは重要で、これにはお金をかけたそうです。その結果、毎回の選挙費用は、30万円以下で終わったそうです。

 その選挙スタイルに共感する候補者が各地から出てきて、「選挙を50万円以下でする会」なるものも出来ていました。

 訪ねてみると私の大学の先輩でもあり、半日にわたり体験談やパンフレットの作成法、演説の指導などを受けました。私の置かれている立場も話し、その上で先輩が背中を押してくれ、日田市議選への立候補を決意しました。

 私の父も、最初の市議選では、自宅の一室と駐車場を選挙事務所にし、選挙責任者は母、出納責任者は妹、選挙事務と選挙カーの運転手は私、選挙立会人は近所の元警察官、後援会は無し、地元自治会推薦も無し、政党組織団体の応援・支援も無し、市内の親戚も無しの無い無い尽くしの草の根選挙でした。

 最初は、次々点で当選ラインに届きませんでしたが、得票差は僅かの50票ほどの差でした。その後、その選挙スタイルや考えに共感する人の輪が広がり、その後、2期連続当選を果たしました。2回目、3回目の選挙で変わったのは、選挙責任者が母から近所の元警察官に代わったことぐらいで、後援会無し、地元推薦無しは、どの選挙でも同じでした。

 その父が、会派(市政クラブ)の行政視察中に視察先の犬山市のホテルで倒れて、その二時間後に息を引き取りました。その時には、同行していた同僚議員の方や随行職員、日田市の議会事務局職員、犬山市の議会事務局の方たちに大変お世話になりました。特に、犬山市の議会事務局の方には、遺体を九州まで搬送する際に、手際よく手続きを済ませていただきました。後で、犬山市にお礼の電話をした時に、「慣れているんです。実は、おかしな話ですが、お宅のお父さんで三人目ですから。」と、行政視察中に急逝した市会議員は、私の父が三人目だったことを、打ち明けてくれました。急逝した時、市議2期目で、任期を1年2ヶ月余り残していました。

 葬儀には千人以上の方に会葬していただき、中には「お父さんの跡を継ぎなさい。応援しますよ。」と、声をかけてくれる人もいました。母方の親族からは、私の喪主挨拶を聞いて、「跡を継いで、選挙に出ることを考えたら駄目よ。家族が大変だから。特に、奥さんが。」と、経験をもとに諭してくれる叔母もいました。叔母は、私の祖父の村議、村長選挙をまじかで見てきたからでしょう。祖父は、戦後、村長を公職追放され、歯科医に戻りましたが・・・・・・・。

 そうして、一年間経過する間に、果たして保険代理店の業務と市議会議員としての職務が両立できるか、保険大学や九州平成義塾などに参加して、日田を数日間離れても保険代理店業務に支障が出ないか試してみました。

 市議選の告示が近まるにつれて候補者の顔ぶれが揃ってきます。その顔ぶれを見ていて、すべての候補者が、組織か団体、自治会などの推薦で後援会を組織して出馬する姿を見て、「父の後継者は、私しかいない。」とのもとに出馬を決意しました。

 父は三本松新町に居住していましたが、私は石井町で借家住まいで地元出身ではありませんでした。しかし、地元の選挙には全くの素人の方々に応援して頂き、父の支援者の輪も広がり、当時、石井地区を含む五和校区は、私を含めて3人の候補者がいるなか、無事当選を果たすことが出来ました。

 最初は、家内の反対に合い、私自身一人で選挙カーを運転し、一人で選挙をするつもりで、ポスターなどの用意を進めていました。

 最初の父の選挙から、もうすでに7回の選挙を数えます。私も市議4期目を終えようとしています。私も父同様に、後援会を組織せずに、団体の推薦を受けずに、人と人の繋がりで草の根選挙をしてきました。

 最近は、名古屋市や阿久根市などの騒動で議員に対する風当たりが強くなっています。議員として議会の中を見渡してみると、チェック機能を果たしていない議員の多さに目を覆いたくなります。世間の風当たり強くなり、批判を浴びるのも当然でしょう。既に、候補予定者は、旧態然としたあいさつ回りを始めていますが、日田市政発展の為の施策を訴えている議員は、一体何人いるのでしょうか?

 議員年金も槍玉に上がり、廃止の方向で進んでいます。当初は、掛け金の40%をカットして、60%の一時金で済ますとの案も出ていました。今は、20%カットになっていますが。報酬も日当制にすべきだとの意見もあります。定数削減も話題の上ります。定数が減れば、組織を待たない人の当選は覚束なくなります。議員年金も無く、日当制で収入が減少でもすれば、若い者で議員に立候補する人は、家がお金持ちで別収入がある人、奥さんが働いて共働きで別収入がある人などに限定されてしまいます。(議員年金制度の現状・議員活動の資料・・・http://www.soumu.go.jp/main_content/000024449.pdf )

 実際に日田市議会でも、配偶者が公務員と言う議員がかなりいます。また、高額年金受給者や公務員退職者もかなりの数です。国民健康保険税の問題や認定こども園の問題など、本当に市民生活を理解した上での判断をしているのかとも思います。

 新型インフルエンザ、鳥インフルエンザ、口蹄疫、異常気象、霧島連山の新燃岳の噴火、政治の世界の混沌、世界同時不況回復の遅れ、学校を出ても仕事が無い、リストラ、格差社会の拡大、現状の農業や経済体系を破壊するTPPの問題等など・・・・・・、数え上げれば数え切れないほど、多くの問題が私たちの周囲に存在します。

 問題点を共通認識で考えられる仲間を見つけ、今必要なのは何か、今一度考えてみる必要があります。

阪神・淡路大震災・・・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%AA%E7%A5%9E%E3%83%BB%E6%B7%A1%E8%B7%AF%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD

オウム真理教地下鉄サリン事件・・・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E9%89%84%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

東京都知事選で青島幸男・1995年選挙・・・http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/1995%E5%B9%B4%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E9%81%B8%E6%8C%99

 

 議員年金に関して・・・市議会議員年金制度の安定的運営の確保に関する決議
 地方議会議員の年金制度は、40年を超える歴史を有し、退職後の議員及びその遺族の生活の安定を図る上で大きな役割を果たしてきている。
 しかしながら、市町村議会議員の年金財政は、近年急激に悪化し、平成23年には積立金が枯渇し、破綻が確実視されている。
 これは、平成の大合併の大規模かつ急速な進展等により、年金財政の支え手である市町村議会議員が短期間のうちに4割減少するとともに、年金受給者が2割増加したことによるものである。
 市議会議員年金では、議員が1割増加したものの、旧町村議会議員としての年金受給者の受入れ等により年金受給者が2倍以上へと大幅に増加し、1人の会員が3人の受給者を支える、極めて不均衡な状態にある。
合併特例法では、このような合併の進展に伴う市議会議員年金財政への影響に配慮するため、「その健全な運営を図るため必要な措置を講ずるものとする」と規定しているところであり、平成18年の地方公務員等共済組合法の改正では、自助努力の限界ともいえる掛金の引上げ、給付の引下げを行うとともに、合併特例法の規定に基づく激変緩和措置が講じられたところであるが、この激変緩和措置では市議会議員年金財政の安定化を図るためには不十分であったと言わざるをえない。
 よって、国においては、国策として推進された市町村合併に身をもって協力した市議会議員の強い思いを厳粛に受けとめ、その責任において、将来にわたり安定的な年金給付が可能となるよう、早急に、合併特例法の規定に基づく激変緩和措置を強化するなど市議会議員年金制度の安定的運営の確保に向けた適切な措置を講ずるよう強く求める。
以上、決議する。

平成21年2月10日
                                   市議会議員共済会

 

中国のステルス戦闘機  2011.01.26.

 中国のステルス戦闘機J20の画像がありました。日本では、アメリカのステルス戦闘機が跋扈して朝鮮半島を飛んでいると聞いたことがありますが、本当でしょうか?宇宙から衛星が監視しているのは周知の事実です。しかし、中国の経済成長は凄いものがありますが、軍備の増強も無視できないものがあります。

 http://kensakuyoutube.blog106.fc2.com/blog-entry-64.html

電磁パルス(EMP)兵器があれば、電磁パルス防御兵器も登場 2011.01.26.

 一年前に衆議院予算委員会で、電磁パルス兵器に言及した、元小池百合子防衛大臣。どういう意図でしょうか?日本の防衛はどうなっているのでしょうか?

純粋水爆について・・・http://www.youtube.com/watch?v=DelCQik3RVA&feature=PlayList&p=428C6D6D2F7F7F7E&index=0&playnext=1

・・・・・・・・

韓国軍が核爆弾の際の電磁パルス防御装置とバンカーバスターを備える!:北朝鮮の核攻撃に備え~朝鮮日報 2009年6月24日

 朝鮮日報は6月24日の日本語版ネットHPに<韓国軍、北朝鮮の核攻撃に備え戦力強化>という崔慶韻記者の記事を掲載した。 内容は以下の通り。

 韓国軍当局は北朝鮮の核攻撃に備え、核爆発時に発生する「電磁パルス」の防護システムを来年から主要国家戦略施設に導入する方針だということが23日分かった。

 軍当局はまた、北朝鮮の核の挑発行為を事前に感知できる偵察戦力を強化するため、グローバルホークなど長距離高高度無人偵察航空機(UAV)を日程を早め来年から導入する。また、白頭(通信傍受)偵察機導入事業にも100億ウォン(約7億3800万円)余りを追加投入するなど、核対応戦力レベルを一層高める方針だ。地中30㍍まで貫通し、北朝鮮の地下核施設や指揮施設を攻撃するのに威力を発揮する地下施設破壊爆弾GBU-28(別名バンカーバスター)事業にも640億ウォン(約47億2000万円)を投入、当初2014年までに導入する予定だったものを4年前倒しして、来年までに導入を終えることにした。

 国防部は同日、ハンナラ党「北朝鮮核・挑発対策特別委員会」の第4回会議でこのような内容の北朝鮮核対応戦力強化策を報告した、と複数の特別委関係者が語った。国防部は同会議で、北朝鮮による2回目の核実験やミサイル発射など、核の挑発水位が高まった最近の危機状況を考慮して、大統領府など主要国家戦略施設に電磁パルス被害を防ぐための防護施設を設置することに決め、施設設置予算60億ウォン(約4億4200万円)を来年度予算に反映させる方針だと報告した。電磁パルスは核爆発時に発生し、マイクロチップや半導体、回路網などあらゆる電子機器を破壊し、戦力を無力化させる。

 国防部はまた、当初2011年から導入する予定だったグローバルホークなど高高度UAV導入事業も来年から着手することに決め、来年度予算に80億ウォン(約5億9000万円)を割り当てる方針だという。国防部は現在導入されている金剛(映像)・白頭偵察機の運用について、来年度予算に100億ウォン余りを追加で投入、白頭山圏域まで音声信号を傍受できる白頭偵察機の装備を補強する方針だろいうことが分かった。

 さらに、弾道誘導弾早期警報レーダー事業に2695億ウォン(約199億円)、衛星利用測位システム(GPS)誘導爆弾(JDAM)事業に841億ウォン(約62億円)、レーザー誘導爆弾(GBU-24)事業に712億ウォン(約52億円)をそれぞれ投入する計画だという。

 ハンナラ党特別委員会の関係者は「核挑発に関連した兵器体系まで含めれば、韓国軍当局の北朝鮮核対応戦力強化予算は総額2兆ウォン(約1470億円)規模になる見込みだ。監視・偵察能力や防護施設拡充のほかにも中距離弾道ミサイルの導入規模を拡大、時期を早めるなど、打撃能力強化も軍当局が推進している」と述べた。

・・・・・・・中国は、・・・・・

中国が米国を"絶命させる"電磁パルス兵器開発か―台湾報道  2009/10/22(木) 18:19

  22日付環球時報は、台湾紙・中国時報が、「中国が電磁パルス兵器を開発中の可能性」と伝えたと紹介した。弾道ミサイルへの搭載も可能で、米国の軍事能力を「絶命」させる兵器を作り出す可能性があるという。

  中国時報は、中国共産党中央軍事委員会が10月1日の建国60周年の直前に、江蘇省南京市内で解放軍理工大学の周璧華首席教授に一等功労賞を授与したことに注目した。授与の理由は電磁パルス兵器の分野で卓越した功績が認められたためという。

  電磁パルスは急激に増減するパルス状の電磁波で、大出力であれば電子機器・装備の機能を止めたり、永久的な損傷を与える。核兵器使用の際に発生するが、電子回路によっても作り出すことができる。

  電子回路による電子パルス兵器は非破壊・非殺傷兵器として想定されている。ただし、相手の電子装備に損傷を与えるほどの大出力は実現が難しい。米軍も研究しているとされるが、これまでのところ、実用化の発表はない。

  中国時報は、「中国が電磁パルス兵器を完成させれば、米軍すらどうすることもできなくなる」、「ミサイルに搭載することも考えられる」などと論じた。

  軍事面での電磁パルスの研究は世界的に、相手国が核兵器を使用した場合などを想定して、「自国側電子機器の機能不全」を阻止することを念頭に進められてきた。北京の軍事専門家は「周首席教授はこれまで、主に電子パルスからの防御を研究しており、攻撃面にはタッチしていない。ただし、中国が電子パルス防御の研究を明らかにしたことは、電子パルス兵力について新たな進展があったことを意味する」と述べた。

  周首席教授は70歳間近される。軍はこれまで、定年にともなう退職を、3回にわたって延期した。破格の扱いを続けていることからも、周首席教授が極めて重要視されていることが分かるという。(編集担当:如月隼人)

【関連記事・情報】
北朝鮮「精鋭ハッカー部隊」、2010年にも米韓を本格攻撃か(2009/10/21)
韓国:新型巡航ミサイル配備か、北朝鮮全域と日中が射程内(2009/10/16)
【中国建国60周年】閲兵式で国家主席が"軍服"着用せず(2009/10/01)
中国が無人攻撃機を国外に輸出...最新型「彩虹-3」(2009/09/14)
中国海軍60周年の閲艦式、原子力潜水艦も登場(2)(2009/04/24)

 

元気が出る話題、サッカーAFCアジアカップ 2011.01.26.

 明るい話題、元気が出る話題。日本は、ライバル韓国を破り、2011年AFCアジアカップ決勝戦へ。サッカー日本チームの頑張りが、国民に元気を与えます。ワールドカップを経て、日本チームが変わって行きました。韓国に先行されても追いついて逆転、しかし同点で延長戦になっても、PK戦でキーパーが3本も止めるとは。試合ごとに成長しました。凄いぞ日本、頑張れ日本チーム。ドーハの悲劇を乗り越えました。睡眠不足も忘れられます。

 http://www.sponichi.co.jp/soccer/japan/2011/a_fixtures_results/0125/index.html

 youtube動画ハンターから・・・http://kensakuyoutube.blog106.fc2.com/blog-entry-408.html

 日本サッカー 2000年アジア杯ゴール集・・・http://www.youtube.com/watch?v=BczytXlakT4

 対シリア戦の問題シーン・・・http://b.hatena.ne.jp/entry/www.youtube.com/watch?v=sGA9JaIa7WM

 予選、香港戦・・・http://footballingtube.blog93.fc2.com/blog-entry-7324.html

 日本がカッコいい、アジア杯コマーシャル・・・http://www.nicovideo.jp/watch/sm13191439

パソコントラブルで大変 2011.01.26.

 パソコントラブルで12日から大変です。先に、本体のパソコンが起動はするものの、途中で進行がストップして先に進みません。日田市内の家電店に修理に出して返事が来たのが、数日経ってから。それも一日に一回しか連絡をしてこなくて、留守電にも伝言なし。

 やっと繋がったら、「修理代金が97.千円かかりますが、どうしますか?」。「それで、修理ができたとしてデーターは?」と聞くと、「消えます。」 「それじゃ、至急返してください。」と言って、一週間経過しますが、音沙汰なし。仕事ができません。:^:^:^

 パソコンと同時にプリンターもメンテナンス(部品交換)の表示。パソコンと一緒に出しましたが、戻ってくるのは28日とのこと。あと一台あるので余裕でいたら、残りの一台もメンテナンス(部品交換)の表示で作動しなくなりました。修理に持っていったら、何と家電戦争に備えて店舗改装中で4日間の休業。「ぎゃふん」です。 市内の別の家電店でプリンターを購入しました。

 ところが、これからが大変です。使用中のパソコンは3台ありますが、1台が修理中なので、壊れたパソコンのバックアップをあと1台に入れようとしたら、これがインストールの途中でエラーが発生。会社のアドバイザーに連絡を取り、何度か試みますが駄目です。こちらの関連ソフトの一覧(A4で19枚)をFAXで送付しましたが、SQLを削除した場合のチェックに時間がかかっているようで、確実に三日目を迎えそうな雰囲気です。

 このことで一番困るのが、いつ電話がかかってくるか分からないので、電話とパソコンの前から離れられないことです。貴重な時間だけが過ぎてゆきます。

 あと一つ困っているのが、adobe redaerのトラブルです。PDFの印刷ができません。こちらもトラブル解消にために、まず会社のアドバイザー、プリンターの会社、パソコンの会社に連絡を取りましたが、全くのお手上げ状態です。

 機械化は確かに便利な面はありますが、障害が発生したら大変事態が生じます。ニューヨークの大停電しかり、国内では、JRや銀行などで深刻な影響が生じています。それもチョッと原因から、大きな事態へと発展します。

 電磁媒体記憶では、一瞬でデーターが消失することもあります。バックアップしていても、その媒体がアウトになることもあります。貴重なものは、紙での保存が絶対に必要です。

 それと、電圧や各種電磁的作用でパソコンが暴走を始めたらとんでもないことになります。そう言えば、国会の質問で電磁パルス兵器の質問がありましたが、怖い世の中になりました。http://www.k-kawasaki.info/2010/01/emp2010122.html  多連砲ロケットシステム フューチャーウェポン 建物の中が見えるサーモグラフィー 携帯電話がGPS・盗聴器になる スティンガーミサイル X-29 XV-15 レーダー防御システム トマホーク デルタレーダー レールガン イージス艦 凄い兵器 http://www.youtube.com/watch?v=89TZiWZaGsg&feature=related

 人間の科学的進歩は、「神の領域である」人間の誕生にまで及ぼうとしていますが、自然摂理にまで踏み込んでいいものなのでしょうか?科学文明の進歩は、人間に何をもたらしたのでしょうか?人間が進歩するものなら、平和な平等な世界が築かれるでしょうに・・・・・・・・。紛争戦争のない世界が・・・・・。憎しみ殺しあう世界がなくなるのでしょうに。

 

 

 

黒いオーラで包まれている日本に 2011.01.26.

今の日本の状況を、「黒いオーラで包まれている」と表現する人がいますが、当を得ていると思います。

日田市内も閉塞感に包まれています。そんな中でも、頑張っている人もいますが、数が少ないのが現状です。

そうしたなか、長文ですが、考えてみる価値のあるブログを、「るいネット」で見つけましたので掲載します。

昨日も、熊本の友人と色々とお話しをしましたが、これからの日本の行く末はどうなるのか?

隣国との関係は?米国との関係は?考えさせられることばかり?

閉塞感の先にある崩壊が訪れ、その結果、もっとどうすれば良いのかという共通認識が広まって行き、変革の時を迎えるのであれば、それまでの時間を加速させることも、ひとつの手かもしれません。

 

・・・・・掲載開始・・・・ 

 どうしたら新概念を使いこなせるようになるの? 

 6/27なんでや劇場レポート「日本人はいつ物を考え出すのか?」

 (5)本能的な秩序収束⇒課題収束⇒草の根共認⇒ネット収束

  匿名希望

 

日本人は物的な工夫思考は得意。身近な集団をどうする?ということも考える。ところが、社会的な思考力は貧弱で、「国家・社会をどうする?」ましてや「世界をどうする?」などはほとんど考えたことがない。 米中欧崩壊状態でも、日本人がいきなり世界構想にチャレンジしても無理。そこで取る対策は日本人の体質から見て半鎖国政策(米中欧とは鎖国し、共同体的な諸国と細々と貿易して生き延びる)だろう。それでも「国家をどうする?」を考えないと話にならない。 改めて、歴史的に振り返ってみると、
縄文→弥生の転換期には、大陸の敗者受け入れで何も考えず。
弥生→大和の転換期には、朝鮮半島からやってきた正規軍の圧倒的な力を見て、服属することに決定。
元寇や秀吉の朝鮮出兵では戦うという決断をしたが、
黒船来航では始めは尊皇攘夷だった同じ人物たちが、西洋列強との力の差を知り、脱亜入欧へコロっと転換(脱亜入欧は西洋文明を取り入れただけで自分たちで物を考えたわけではない)。
そして、第二次世界大戦で敗北して、それ以来GHQ・アメリカに服属。

これまでの日本の歴史は、力の論理で説明できる。
日本人が多少なりとも物を考えたのは、外圧=力が働いた時だけであり、その時の判断は戦うか服属するかのどちらかで、ほとんどは服属するという結論に流れる。そして、これまでの外部勢力は常に彼らの秩序を持っており、それを日本に植え付けてきた(日本人はただそれを受け入れてきただけ)というわけである。

今回は、力の外圧ではなく、力の空白状態、つまり力の原理の崩壊=世界の秩序崩壊という、嘗て経験したことのない状態である。

秩序崩壊は、本能⇒共認⇒観念の意識構造上、とてつもなく深い位置にある。本能は一つの秩序体系そのものであり、秩序崩壊は本能にとって絶対にあってはならない事態である。人々が秩序収束しているのはその適応本能の働きである(嫌煙権やマナーファシズムなどもその歪んだ事例)。最近では秩序収束から更に進んで、人々は課題収束に向かっている。昔は遊び第一だった学生が今や授業にほとんどが出席するのも、企業でも今や7~8割の社員が定年までこの会社に勤めたいという言うのも、課題収束の現れである。

このように、秩序崩壊は本能を直撃する⇒新たな秩序構築のために「どうする?」という思考が本能的に登場する。この本能的に発生する問題意識は、どんな場面で登場するか?

飲み屋でも、数年前までは女や遊びの話ばかりだったが、今やどのテーブルでも仕事や部門の話に変わっている。遊び→仕事や集団の話に数年間で大転換したわけである。

このような草の根の共認形成が、企業だけでなく身近な地域集団でも起きる。そして、小さな共認形成の場が社会の至る所で無数に形成されるはずである。そこでの課題意識(秩序形成をどうする?)に対する答は新聞やTVにはないので、草の根の共認形成はネットに収束する。そこに至って初めてネットの共認形成力がマスコミの共認形成力を打倒する。

その過程のどこかで勉強会や劇場などの場が作られるが、原点として重要なのは、場が与えられるのではなく、本能的に至る所で共認形成の場が作り出されるということである。そこではネットの情報も草の根の共認形成の場にフィードバックされる。そして、この草の根の共認形成⇒ネット収束がマスコミを打倒することができれば(社会統合の)事は成ったも同然であり、残る問題は政治過程をどうする?といった手続き上の問題にすぎないことになる。

今後の追求すべきテーマとして、次の3点の問題が残っている。
①マスコミが主導権を失ったとしても安心はできない。∵現在のネット界の大半は旧観念(近代思想)に囚われているからである。これを突破しない限り、新秩序は構築できない。

②草の根共認、そこでの人々の問題意識、状況認識はどういう中身で、どういう変遷を辿るのか?

③社会を統合するためには新理論(⇒人類の意識構造・社会構造の解明)が不可欠だが、草の根の共認形成とネットから新理論が形成されるのか否か? また、新理論を欠いた政治革命路線は危険性を孕むが、そこに絡め取られる可能性もある。

この投稿は、233913 への返信です。
(秀作)
この投稿に対する返信とトラックバック
6/27なんでや劇場「日本人はいつ物を考え出すのか?」 劇レポ5/5 「ブログ de なんで屋 @東京」
10/07/10 PM09

234064
人が物を考えるときとはどういうときだろうか
tennsi21
10/07/02 PM00

6/27なんでや劇場レポート「日本人はいつ物を考え出すのか?」(5) 本能的な秩序収束⇒課題収束⇒草の根共認⇒ネット収束 「日本を守るのに右も左もない」

空から鳥が落下  2011.01.25.

2008_10_19 001mkmk.JPG2008_10_19 002mkmk.JPG 空から鳥が落下したとのニュースがあったと聞いてネットを検索してみました。色々あります。昔から、竜巻などで舞い上がった魚やカエルなどが落下してくることは、文献に残っています。

 2008年10月19日に、我が家の近くの路上にも死因は分かりませんが、鳥(朝鮮鶯)が数匹ならんで死んでいました。

 この姿を見て不吉な思いをしましたが、予感的中というか案の定というか、この日の夜に、東京で我が家の次男が交通事故に合いICUに運ばれた嫌な思い出があります。この日は、全国でも交通事故死が頻発した日でもありました。幸い、大事に至らずに済みましたが、家内が看病に駆けつけ、久々の独居生活を味わいました。

 以下に、ネット検索した記事を掲載、またはリンクします。

・・・・・

空から鳥1000羽が次々落下=原因は新年迎える花火?―米

【ワシントン2日AFP=時事】米アーカンソー州の町で昨年12月31日、1000羽以上ものムクドリモドキが次々に空から落下してくるという怪現象が起きた。当局者らは2日、原因の説明はすぐにはつかないと述べ、落ちた鳥の分析を行うとしている。(写真はさえずるハゴロモカラス。フロリダ州で撮影)
 故アルフレッド・ヒッチコック監督の映画のような不気味な現象が起きたのは小さな町ビービ。同州の鳥獣魚類委員会は会員制交流サイト「フェースブック」で、鳥たちは家々や庭に落ちて積み重なったと伝えた。
 地元紙アーカンソー・タイムズによると、一部の科学者は、鳥たちは高高度で発生したひょうにやられたか、花火に仰天した可能性を指摘している。
 隣国メキシコや中米などラテンアメリカ出身者は大みそかに花火を延々と打ち上げるが、そうした騒がしいセレモニーが原因となった可能性もあるというのだ。というのも、米国では人口約3億1000万人のうち4000万人近くがヒスパニックであるほか、さらに数百万人のラテンアメリカ出身者が不法滞在しているからだ。 〔AFP=時事〕(2011/01/03-20:41)

・・・・・・・

CNNニュースでも 魚も http://www.cnn.co.jp/video/2120.html

スウェーデンでも同様の事件が・・・・・・

スウェーデンでも鳥が怪死、外部からの強い衝撃原因か

2011.01.06 (CNN) 
 北欧スウェーデンの国立獣医学研究所は6日までに、同国西部のファルケーピング市内で4日夜から5日朝にかけ多数の鳥が死亡しているのが見付かった、と報告した。

うち5羽を解剖し死因を詳しく調べているが、同研究所は、急性の外部からの強い衝撃を受け、内出血を起こして死亡したとみている。伝染病や他の病気を死因と考える材料はないという。

死亡した鳥の数や種類は伝えられていない。

鳥類の怪死では、米南部アーカンソー州中部のビーブで昨年12月31日から1月1日未明にかけ数千羽のスズメ目の野鳥ハゴロモガラスとムクドリが広さ約1.6平方キロの範囲で死亡しているのが見付かっていた。この問題では、獣医学の専門家らは鳥が大規模な騒音などの衝撃にさらされ、建物に衝突して死亡したとの見方に傾いている。

また、米南部のルイジアナ州南部のラバール地方でも3日朝、ハゴロモガラスやスズメなどの鳥約500羽が死亡しているのが発見されている。

日本一の朝食、蘇食 2011.01.12.

2011.01.11. 048mk.JPG  高千穂のホテル四季見の朝食です。竹のざるのなかに、竹炭使用水で焚いた釜飯、竹炭使用水の蕎麦かゆ、竹炭使用水の味噌汁、祖母山まめ、地豆腐寄子、神楽宿地鳥卵、そばフレーク牛乳、油味噌、椎茸平野 椎茸とモロヘイヤの佃煮、山女魚の一夜干し、山菜佃煮(山椒、ふき)、季節たっぷりの漬物が並んでいます。

 地元で採れた無農薬の食材で、美味しい朝食を食べました。何か、得した気分です。

 朝食で一緒になった女性の団体客は、福岡空港からバスで黒川温泉、高千穂、湯布院を回る三泊四日のツアーでした。「このなかに、日田が入ると良いのですが。」と言ったのは、此処の女将さんでした。その為には、なお一層の工夫が必要です。女将さんから、日田のパンフレットを頼まれました。 

http://ku-kawasaki.seesaa.net/article/182431448.html?1295958350

議員で大丸福岡天神店日田物産展を視察 2011.01.22.

2011.01.23. 145mk.JPG 日田市議会の「新世ひた」を除く会派で、福岡市の大丸福岡天神店の日田物産展を視察しました。日田市が経費3000万円を負担し、売り上げ目標5000万円の事業です。民間では、まず有り得ない事業です。こんなことをやっていては直ぐに倒産です。誰が考えても分かります。最低でも、そのかけた経費の同額以上の利益を確保できなければ、先行投資といえども合格点はつけられません。大丸での開催は、今回で2回目ですが、昨年は、相模原市のアリオ橋本でも同様のことを行っています。そこで、室原議員の発案で現場を視察することになりました。

 土曜日のお昼前とあって盛況です。各店舗を回って様子を聞いて回ると、「売り上げの落ち込む時期に助かります。」と、「昨年ほどではないですね。」「まぁまぁですか。」と、各店舗の感想・意見は違います。

 ただ、そろって店舗の皆さんが気にしているのは、このような税金の使い方が、市民の反発を招かないかと心配している点です。実際に、その事を市民から指摘されたと言うご主人もいました。特に昨年の日田市は、国民健康保険税の大幅な値上げがありましたから、「少しでも減税にまわして欲しい」との意見も切実です。また、知り合いの店舗の方は、「三回目があるのでしょうかね。」と、苦笑いしていました。

 この日田展が開催されている週は、岩田屋も「旨いもの市」を開催していて、大丸に足を運んだ人の中には、岩田屋の袋を下げている人もかなりいました。

 今は、情報化の時代です。美味しい、気持ちいい、そして此処だけが揃えば、宣伝しなくても口コミで広がっていきます。まずは、企業努力、自主努力、研鑽が求められる時代でもあります。

 

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ