« 16年前、神戸大震災にサリン事件に選挙 2011.01.28. | メイン | 霧島連山新燃岳噴火情報 2011.01.31. »

眠気も吹っ飛ぶボレーキック、アジア杯優勝 2011.01.30

 2011.01.29. 041mk.JPG 30日深夜、仮眠の後、寝ぼけ眼でテレビの前に横たわり、アジア杯の決勝戦、対オーストラリア戦を観戦しました。緊張感漂う試合展開でお互いに譲らず、日本も攻め込まれるがキーパーの適切な判断で好セーブ、延長戦へ突入しました。

 延長後半4分に、李選手の左足が見事なボレーキックを放ち、ボールがオーストラリアゴールに突き刺さりました。

 観戦した甲斐がありました。日本チームの優勝です。日本チームの働きに、元気をもらいます。

 自己保身、党利党略ばかりの政治家、省益に走る官僚、利益優先の企業家、冷静な判断力を失ったマスコミ報道などに落胆させられるばかりの日本。そんな中、日本が世界を圧倒するのはスポーツの世界ばかりです。

 政治家、官僚、企業家、マスコミは、スポーツ選手の直向な努力に学ぶべきです。

 報知新聞社のスポーツ報知に、アジア杯優勝の詳細な記事を見つけました。転載させて頂きます。

・・・・スポーツ報知より転載・・・・

スポーツ報知へのリンク・・・http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/afc/asiancup/schedule/qualify_group_a.htm

ザック日本4度目V!李が決めた!延長後半4分劇的左足ボレー...アジア杯

 
延長後半4分、李が左ボレーで決勝ゴールを決める

 ◆アジア杯 ▽決勝 日本1―0オーストラリア(29日、カタール・ドーハ・カリファ競技場) ザック・ジャパンがアジアの頂点に立った。オーストラリアとの決勝戦は0―0のまま延長に入り後半4分、途中出場のFW李忠成(25)=広島=が決勝ゴール。1―0で勝利し、大会史上最多となる4度目のアジア王者に輝いた。14年ブラジルW杯の前年に開催されるコンフェデ杯(ブラジル)の出場権も獲得。アルベルト・ザッケローニ監督(57)は就任後8試合負けなしで、初の公式戦で見事に結果を出した。

 ザッケローニ監督は、右手を挙げて、ピッチに走り込んだ。手が震えている。すぐに、両手を挙げた。今度は足元から震えるガッツポーズだ。アジア杯制覇。終了のホイッスルを聞くと、ベンチを飛び出しイレブンの元に駆け寄った。DF内田が飛びついたのを皮切りに、選手が飛びついてくる。指揮官はがっちり受け止め、笑顔で雄たけびを上げた。

 試合を決めたのは、途中出場のFW李だった。0―0で突入した延長戦。その延長後半4分、途中から左サイドの2列目に配置を換えられたDF長友からクロスが送られる。ゴール前フリーで待ちかまえた李が利き足の左足を折り曲げ、ボールを引きつけ、振り抜いた。ゴール左隅へ突き刺さる華麗なボレーシュート。守って、守って迎えた決勝弾。イレブン全員の小さな輪が出来上がった。日本でテレビ観戦した父・李鉄泰さんは「やったね。持ってた。一番持ってた。最後の最後で決めたから。(祝福の)電話が止まりません。感無量です。体の中が脂汗をかいています」と興奮を隠せない。

 豪州には、01年8月15日に勝利して以来、PK以外で勝利したことがなかった。この日も、前半から空中戦を仕掛けられ、劣勢に立った。後半27分、1対1の場面でGK川島が右足でシュートブロック。延長前半14分には再び、川島が右手一本のセーブ。ボールを支配され、空中を行き交うボールに苦戦したが、最後の最後に歓喜が待ち受けていた。

 奇跡は、カタール入り後から始まっていたのかもしれない。代表が1次リーグで宿泊したミレニアム。出迎えたのは、イタリア人オーナーだった。生まれてこの方、インテルのファン。かつてインテル(03~04年)を率いたことのあるザッケローニ監督を手厚く迎え入れた。主審の判定に苦しめられれば、愚痴の受け皿となり、昔話で重圧を忘れる相手になってくれた。初めてのアジア公式大会。救われた。

 転機になったのは初戦のヨルダン戦(9日)だった。1―1で引き分け、ザッケローニ監督は選手たちを一喝した。「試合前のあの雰囲気はなんだ。気持ちが試合モードになっていない」。試合前のロッカールームで笑い声が飛び交い、「何か余裕、余裕という感じだった」(MF柏木)と緩い空気が漂っていたところに、活を入れた。

 その後、主将MF長谷部の呼びかけで、選手ミーティングを開催。「自覚を持って戦おう」と呼びかけた。控え組だけでも、話し合いを持った。「ベンチにいる時は声を出す。練習の時は試合を想定して、練習する」(柏木)。この日も、途中出場のFW李が決めた。さい配を的中させる礎を築き、アジアの頂点に上り詰めた。

 アジア最多の4度目の優勝。団結したザックジャパンが、歴史に名を刻んだ。

 ザッケローニ監督「もう最高の試合。最高のチーム。こんな強い相手に勝った。みんな疲れていたがチーム力で勝った。(李の決勝点は)やってくれると思っていた。ベンチスタートの選手が結果を出してくれるところがこのチームの素晴らしいところ」

 FW李忠成「最高です。ずっと試合に出られなかったんで、待ち続けた結果。本当にうれしいです。オレがヒーローになると自分に言い聞かせてピッチに入った。このピッチに立てて本当に幸せ」

 ◆李 忠成(り・ただなり)1985年12月19日、東京都田無市(現西東京市)生まれ。25歳。在日韓国人4世のイ・チュンソンとしてF東京U―18から2004年にトップチームに昇格。05年柏に移籍。07年2月に日本国籍を取得し、08年北京五輪に出場。09年途中に広島へ移籍した。J1初出場は05年7月10日のG大阪戦(万博)、同初得点は07年3月17日の清水戦(日本平)。代表デビューは今大会の1次リーグ・ヨルダン戦(1月9日)。J1リーグ通算115試合、27得点。182センチ、74キロ。血液型O。独身。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 眠気も吹っ飛ぶボレーキック、アジア杯優勝 2011.01.30

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2241

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ