« アフリカ・中東情勢が緊迫 2011.02.25. | メイン | アイドルみたいに歌わせて 2011.02.28. »

事前運動で議長、副議長が 2011.02.25.

2011.02.25.05.jpg 25日、日田市議会本会議で杉野義光議長の辞任を受けて行なわれた議長選挙で、城野礼子氏が議長に選任されました。選挙は、無記名で推薦する人を投票する方式で行なわれ、投票数25票のうち城野礼子氏が13票、鷹野氏が6票、大久保征雄氏が1票、樋口文雄氏が1票、無効票が4票の結果、城野氏が議長に選出されました。城野氏は2期目で公明党所属の議員ですが、今期限りで新人と交代し引退する議員です。

(画像は、開票の場面ですが、事務局職員2名が開票作業を行い、開票立会人には3名で、議員多数会派の上位3会派から各1名を選出します。)

 最大会派の市政クラブ6名は、自派で議長の候補希望者がいたにも拘らず、公明党(2名)支持に回りました。市政クラブから分かれた新世ひた4名も同一歩調をとり、城野氏と同級生の大久保征雄・無所属で13名となり、過半数の支持13を事前に取り付けていた城野氏が議長になりました。井上しんし県議の事務所開きでは、議長職を受けないと本人は言っていましたが、・・・・・。

 副議長の城野氏が議長職に就いたことにより、副議長が空席となり、再び休憩をはさみ、今度は副議長選挙へ。投票結果は、投票数25票で、鷹野守男氏が17票、菅田敏幸氏が1票、高瀬敏明氏が1票、無効票が6票となり、鷹野守男氏も2期目の議員で社民クラブ所属、今期限りで引退する議員です。

 事前に、公明党、市政クラブ、新世ひた、無所属1名、13名と社民クラブの連携(根回し)を察知していた、政友会、無所属クラブ、日本共産党の各会派は、白票を基本にして議長選・副議長選に臨みました。

 平成19年からの4年間は、経験の浅い2期目の議員が議長・副議長を務め、市民からは疑問の声が上がっていましたが、今回も同様の結果でした。国民健康保険税の大幅アップに見られるように、これが市議会の実体です。http://www.k-kawasaki.info/2010/06/2010622.html

 28名の定員でスタートした日田市議会でしたが、3名の辞任が生じ、現在は25名となりました。新会派も誕生し、会派は7グループ、無所属1名となりました。 

 会派構成は次のようになりました。 日田市議会会派名簿 ◎は代表者 ( )内は市議当選回数

市政クラブ5名、◎井上明夫(2期)、島崎健二(2期)、中野靖隆(2期)、樋口文雄(2期)、坂本盛男(2期)、森山保人(1期)、

社民クラブ5名◎高瀬剛(2期)、鷹野守男(2期)、溝口千寿(2期)、古田京太郎(1期)、羽野武男(1期) 

新世ひた、◎赤星仁一郎(2期)、吉田恒光(2期)、石橋邦彦(2期)、飯田茂男(2期)  

日本共産党、◎矢野美智子(3期)、大谷敏彰(4期)、日隈知重(2期)

政友会、◎室原基樹(7期)、菅田敏幸(7期)

無所属クラブ、◎川崎邦輔(4期)、高瀬敏明(2期)

公明党、◎城野礼子(2期)、松野勝美(1期)

無所属、大久保征雄(2期)

 

 議会運営委員会(9名)の構成も変わりました。

 議会運営委員会名簿 ◎委員長 ○副委員長

◎溝口千寿(2期)、○井上明夫(2期)、室原基樹(7期)、川崎邦輔(4期)、赤星仁一郎(2期)、矢野美智子(3期)、樋口文雄(2期)、高瀬剛(2期)、坂本盛男(2期)

  

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 事前運動で議長、副議長が 2011.02.25.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2277

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ