« 酒蔵美術館構想をめぐり会派代表者会招集、日田市議会 2011.3.10. | メイン | マスコミが原因で風評被害1  2011.03.11 »

M8.8、観測史上最大の地震 2011.03.10.

 教育福祉委員会の分割審議の休憩時間に、議会事務局に出向くと職員がテレビに食い入っています。地震が発生したとのことで、規模の大きな地震とのこと。審議終了後に再びテレビを見ると、何とM8.8の大地震です。津波も発生して被害も大きくなりそうです。東日本一円に被害が出ており、東京でも建物の被害が出ていて鉄道網もストップしています。

 福島には原発もあり、もしものことが起こると大変です。息子が二人、東京に住んでおり、家内も次男の処に行っていますので安否確認の電話を入れましたが、繋がらなくてメールでやっと無事であることが確認できました。

 しかし、長男は交通機関が全面通行止めで都心で足止め、来週はアメリカに出発予定ですので、その方も影響が出ないか心配です。次男も都内の市役所に勤務していますが、緊急事態に備えて市役所内で待機中とのことでした。

 大地震の予想はしていましたが、津波の威力に改めて自然の脅威を感じました。二十数年ほど前に福岡の志賀島の突端部の砂浜で子どもと共に大津波に浚われた時のことを思い出します。いきなりの大津波、ひざ下までの波が、いきなり数メートルの大波になり、一気に引き倒され渦の中に。大事には至りませんでしたが、引き倒された時に脳震盪でも起こしていれば、海の藻屑となったでしょう。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: M8.8、観測史上最大の地震 2011.03.10.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2287

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ