« 出来るだけ転送をおねがいします 2011.3.13  | メイン | ビジネス知識源から緊急メール 2011.3.13. »

原子力安全神話の崩壊 2011.3.12

メールで原発の異常事態が送られてきます。

「福島第1原発と3号機も炉心の露出がおさまらず、1号機同様こちらも海水注入に踏み切っている。おまけに水素が発生して爆発する可能性も否定できないというから深刻な事態である。1号機の水蒸気爆発と違って水素爆発が起こればその深刻度は1号機の比ではないのではなかろうか。」

原子力発電の危険性は、以前からしっかりと言われていましたが、現実のものとなりました。枝野幹事長の発言が次々と深刻な状況へと言葉が変化して行きます。

炉心溶融という聞きなれない言葉。既に放射能を浴びて除染の必要な人たちが沢山出ています。避難地域が、半径3キロから10キロへ、そして想定外の20キロへと拡大。

風向きによっては、どこまで汚染が広がるか分かりません。水素爆発の危険性も指摘されています。

九州でも同じことが起こる可能性があります。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 原子力安全神話の崩壊 2011.3.12

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2296

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ