« マスコミが原因で風評被害4 2011.03.11. | メイン | 1995年(平成7年)、16年前の出来事 2011.3.13. »

選挙を前に市長ギブアップ 2011.3.12.

 11日の朝、佐藤陽一日田市長から記者会見の申し入れが。案件は、酒蔵美術館構想の延期。午後1時からの記者会見で明らかにするとのこと。日田市議会会派代表会の決議採決について、2名の市議がご注進に?。いつもなら強引に事を運ぶ市長も、今回は選挙前とあって急ブレーキ、方向転換です。

・・・・・・

日田市・岩澤美術館計画 建物買収延期 西日本新聞 2011.3.12.

日田市豆田町のクンチョウ酒造に故岩澤重夫氏の美術館を整備する計画について、佐藤陽一市長は11日、記者会見し、3月中に予定していた同酒造の土地の一部と5棟の蔵の買収を延期すると発表した。市民や市議会から批判が出たのを受け、これまでの方針を転換した。美術館の計画は引き続き進める考えで、「市民に理解が得られた上で進めたい」としている。

 佐藤市長は、7-9日にあった市議会定例会の代表・一般質問で、「計画を進めるには、所有権を企業から切り離すことが不可欠。地元の理解も得られている」と一貫して買収を進める考えを表明。25日に市土地開発公社の理事会を開き、買収を決める方針だった。

 突然、延期を決めた理由について、佐藤市長は「私が独断で一企業を助けていると誤解されており、現時点での取得はできないと判断した」と説明。今月末までに予定されている、酒蔵の活用に関する答申を踏まえて基本構想をつくり、4-5月ごろに、買収計画も含めて市民に対する説明会を開き、理解を求めていくという。

 土地と酒蔵の今月中の取得については、美術館の基本構想策定前であることなどから、市民の一部から批判があった。買収の延期は、実質的に市民への説明の不備を認めた形だが、市長は「説明不足ということはなく、問題はなかった」との認識を示した。

 市議会は、買収の再考を求める決議案の議員提案を検討していたが、今回の買収延期を受け、一部の文言を変えた上で、14日の本会議に提案するかどうかを市議会代表者会で協議する。室原基樹議員(政友会)は「美術館の場所や、岩澤氏だけの作品を展示することの是非など、議論すべきこ とは多く残っている。根本から構想を見直すべきだ」と話している。

=2011/03/12付 西日本新聞朝刊=

他紙の報道・・・

日田市:岩澤重夫美術館建設、計画仕切り直し /大分

 日田市の佐藤陽一市長は11日記者会見し、同市豆田町のクンチョウ酒造の酒蔵(伝統的建造物)や土地買収による故・岩澤重夫美術館計画について「今月中に予定した市土地開発公社による土地取得をひとまず見送る」と発表した。理由は「調査などのため先行取得を目指したが、『一私企業の経営を助けるため、市長が独断で進めている』とのうわさが市民の間に広がり、このまま進めれば誤解を与える」と述べた。

 だが「貴重な酒蔵を後世に伝え、作品などを故郷に寄贈した画伯の遺志を生かすためにも、活力創造プロジェクトに基づき美術館建設の方向性に変わりない」「新年度に基本構想などを策定した後で市民説明会を開き、建設の是非を総合判断したい」などと語った。【楢原義則】

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 選挙を前に市長ギブアップ 2011.3.12.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2292

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ