« 今日からスーパークールビズ 2011.06.01. | メイン | 日田高校校長が急死  2011.06.02. »

管総理、震災原発対応にメドのついた段階で退陣へ 2011.06.02.

 2日午前中からの民主党代議士会で、管総理が東北大震災と福島原発の対応に一定の目途がついた時点で退陣する意向を述べる。鳩山前総理からは、復興基本法、補正予算などの目途を付けた段階で退陣することで民主党が分裂することなく、国難を切り抜けること要望する。原口議員からは、子どもたち、国民を助けることを第一義に考えて欲しいと退陣への決断を迫る。

 一定の時期が何処を指しているのか具体的な時期は明確ではありませんが、退陣することを条件に不信任案が成立するかどうか、小沢グループの動向が流動的になってきました。あり得ない話ですが、福島原発にしても放射能汚染の実態やメルトダウンの事実関係も政府は明確に把握していませんでしたから。

 民主党議員は、解散して選挙をすることに躊躇を覚えるでしょうし。さて結末まで、今少しの時間が必要です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 管総理、震災原発対応にメドのついた段階で退陣へ 2011.06.02.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2474

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ