« 永井博士の民間療法 2011.06.28. | メイン | 日田市長選に絡む酷い話 2011.06.28. »

福岡政行氏熱演、来日田 2011.06.28.

IMG_432220110628.jpg 28日夜、福岡政行氏の講演会が日田市文化ホールで開かれました。会場には、立ち見の方々も大勢いて、「自由の森大学」を思い出しました。今回は、7月3日告示の日田市長選挙に原田啓介氏が出馬するために、その応援を兼ねての来訪です。

 日田で十年間続いた「自由の森大学」は、故筑紫哲也氏が学長で、福岡政行氏が副学長、原田啓介氏が事務局長という間柄です。筑紫哲也氏が「多事争論」で世相を切っていた時代に比べて、「今のテレビはゆるい」とバッサリ切りました。

 東北地方を襲った大震災の実情です。福島原発では、空き巣に狙われ家に未だに戻れずにイライラする被災者。福岡氏の教え子の市長の妻は、一度目の津波を非難して逃れ、その直後の引き波時に、高齢者を助けに行って二度目の津波にのまれて最愛の妻をなくしたなか、その事を口に出さずに淡々として市長の仕事をこなしている事など、涙ながらに被災地の生の姿を伝えてくれました。

 また、津波が襲ってくる際に、足が付いてこない逃げ遅れた高齢者たちが、自分たちはいいから先に逃げてくれと言いながら、次ぐ次に津波にのみこまれてゆく姿が頭から離れない人々。海から上がって来る遺体は、魚のえさなどになり、正視することもできない悲惨さ。それを写真に撮り、アルバムにして身元確認をすることが日常の生活に。現場に何度も足を運んでいるからこそ出来る話です。

 国・県に頼っていては復興がはかどらない、今できることから進めている実情。今の政治に怒りを覚えると。福島第一原発の現状にも触れ、事実を隠ぺいする体質を痛烈に批判。管総理の対応にも怒りを覚え、「あカンさん」の携帯電話のアドレスを削除。メルトダウンからメルトスル―を指摘し、国民に真実を伝えようとする小出京都大学助教授は窓際で、東京電力や国の肩を持つ教授陣は、東京大学や東京工業大学と。国益は何処に行ったのでしょうか?と。

 経済産業省の古賀茂明氏の「日本中枢の崩壊」にも触れ、真実を指摘する人が疎外される情けない日本の現状を憂いましたが、日田市の現状も同様の様相を呈しています。

 また、福岡氏は、日田市政の具体的な数字を挙げながらの指摘も的を得ていました。

 福岡政行氏の講演の後は、原田啓介氏との対談、質疑応答とアッと言う間の時間でした。

 最後に、「変えなきゃいけない!」で締めくくりました。

・・・・・・

 官僚は、自分たちが一番偉いと思っている。市職員より県職員、県職員より国、キャリアと・・・・。

 県職=キャッリア=自己保身=人の言う事を聞かない=頭ごなし=???

・古賀茂明・・・・ http://www.youtube.com/watch?v=kXYfhU4P5ng

・古賀茂明・田原総一朗(覚悟の告白)・・・・

 http://www.ustream.tv/recorded/15095067

IMG_433920110628.jpg

IMG_435720110628.jpg

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 福岡政行氏熱演、来日田 2011.06.28.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2529

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ