« 敗戦を経ても賢明さは失わないドイツ 2011.06.08. | メイン | 4年前から一変した日田市長選挙構図、無投票回避、原田啓介氏出馬へ 2011.06.08. »

福島第一原発3号機の爆発についての解説 4月26日 2011.05.04.

 友人からのメール情報で福島原発がもたらした事故の悲惨さが分かります。真実の情報が把握できていればドイツのような対応は、当然のことと思われます。 飛散した微細な放射生物質が世界の各地で観測されています。

 米国のスリーマイル原発事故の際、事-故調査団のメンバーでもあった「フェアウィンズ・アソシエーツ社」のチーフエンジニア アーニー・ガンダーソン氏が解説する福島原発3号機爆発の真相です。

 3
16日に起きた3号機の爆発の真相は隠蔽され、東電も保安院も真相を明らかにしていません。アーニー・ガンダーソン氏の解説が真実ならば、人類がこれまで経験したことない事態をすでに迎えてしてまっているということです。

 

福島第一原発3号機の爆発についての解説 426日・・・・http://www.youtube.com/watch?v=P4KXX24Dv1U



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 福島第一原発3号機の爆発についての解説 4月26日 2011.05.04.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2482

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ