« 中国高速鉄道、被害拡大 2011.07.24. | メイン | 管総理の外国人献金問題など 2011.07.25. »

ネット社会のモラル、「現実社会より悪い」 2011.07.22.

 警視庁は、平成23年度警察白書で、サイバー犯罪の2010年摘発件数が6933件(前年比3.6%増)で過去最多、ネット社会の匿名性が高さなどがモラルの低下を招いていると指摘。インターネット上のモラルやマナーが、「現実社会」より「かなり悪い」「少し悪い」と回答している人が約82%いることを紹介している。

 また、白書は「サイバー空間では何をやってもいいといったゆがんだ認識が生まれ、規範意識が低下していることも考えられる」と指摘している。

 2チャンネルなどを見ると、目に余るものもある。匿名であることを意識して「噂の類が真実」かのように裏をとらずに書き込まれている。昨年、XX議員のブログ記事で「○○」の2文字を使って、○○議員の批判をしたことが、弁護士を通じて警察への告発まで進もうとしたことがあった。本人が仲介者を通して、相手議員に直接謝罪しこと無きを得たが、まさに「マナー・モラル」の問題であった。

日本経済新聞社から、

 http://b.hatena.ne.jp/entry/www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E0E0E2E2868DE0E0E2E5E0E2E3E39180E2E2E2E2

  警察庁は22日、2011年版警察白書を公表し、現実社会よりインターネット上のモラルマナーが「悪い」と感じている人が8割以上いるとの調査結果を明らかにした。サイバー犯罪の検挙件数は過去最高で、白書は「サイバー空間では何をやってもいいといったゆがんだ認識が生まれ、規範意識が低下していることも考えられる」と指摘している。 調査は全国の運転免許試験場などに免許の更新に訪れた人へ質問票を配布。有効回答4294人のうち、ネットを利用しない人を除いた3441人について分析した。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ネット社会のモラル、「現実社会より悪い」 2011.07.22.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2606

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ