« 米国東部地区、93年ぶりの地震が 2011.08.24. | メイン | ハリケーン「アイリーン」が上陸、230万人以上に避難勧告 2011.08.28. »

米国に歴史的規模のハリケーンが 2011.08.27.

 先日は、米国東部で93年ぶりの地震でしたが、今度は、歴史的規模のハリケーンが襲来。27万人に避難勧告が出されました。先ほど、テレビで災害に備えて買いだめをする映像が流れていましたが、歴史的規模とは、どのくらいの被害を想定しているのでしょうか?対応が、日本とは違いますね。 国立海洋大気圏局(NOAA)は、ハリケーンに備えるように注意を呼びかけていましたが、現実になりました。

2011年 アトランティック・ハリケーン・シーズン 国立海洋大気圏局=通称NOAA
(National Oceanic and Atmospheric Administration)
は、2011年度のアトランティック・ハリケーン・シーズンは、2011年6月1日から始まり11月30日までとしている。

風速39mph以上の命名されるストームは12~18つ発生、6~10つが風速74mph以上のハリケーンとなり、
風速111mph以上の大型ハリケーンに成長するのは3~6つ、と予想されている。

2011年、アメリカは幸運にも、ハリケーンに直撃されることはなかった。だが、今年もそうだとうは限らない。
ハリケーンに備えての準備をしておくことは必要であるとNOAAは呼びかけている。
NOAAニュース詳細:
http://www.noaanews.noaa.gov/stories2011/20110519_atlantichurricaneoutlook.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「歴史的規模」の災害警告=ハリケーン警戒呼び掛け-米大統領

 【ワシントン時事】オバマ米大統領は26日、北東部に接近中のハリケーン「アイリーン」に関し、「歴史的な規模」になる恐れがあると警告、最悪の事態を想定した備えを国民に呼び掛けた。大統領はマサチューセッツ州マーサズ・ビンヤード島での休暇を早めに切り上げ、同日深夜にワシントンに戻った。
 国立ハリケーン・センター(NHC)によると、アイリーンは同日午後11時(日本時間27日正午)現在、ノースカロライナ州ハッテラス島沖南南西約315キロの海上に位置し、勢力は5段階で下から2番目のカテゴリー2。27日朝に同州に上陸後、28日にかけてワシントン首都圏やニュージャージー、ニューヨーク各州の海岸線沿いを北上するとみられている。
 北東部の沿岸各州知事は非常事態宣言を発令。ニューヨーク市のブルームバーグ市長は、海岸線に近い地域の住民27万人に避難命令を出した。同市長によると、強制的な避難命令の発令は史上初めて。また、地下鉄とバスの運行は27日正午に全面停止される。(2011/08/27-12:37)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 米国に歴史的規模のハリケーンが 2011.08.27.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2640

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ