« 報道災害、3.11以降に問題あり 2011.8.31. | メイン | 頑張っています、新人議員 2011.09.01. »

国会で地震兵器について言及 2011.09.01.

 ある講演会のなかで浜田和幸氏の名前が出てきました。不覚にも知りませんでした。そこで検索して見ると、国会の答弁で地震兵器について言及していました。それも、スマトラ地震についても。

 経歴は、自民党参議院議員から離党し、無所属で管内閣の一本釣り総務大臣復興担当政務官に就任しています。やるもんです。私と同じ歳で同じ月の魚座生まれ。彼の行動が理解できます。

 地震津波兵器については、第二次大戦中に連合国が日本を攻撃する手段として考えられていたことが、アメリカの公文書公開で明らかになっています。http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/files/20080521113049.pdf

 関連して「賢者の剣」では、http://kenjyanoturugi.seesaa.net/article/192074047.html

 2011年7月11日国会・復興特別委員会で浜田和幸総務大臣政務官とみんなの党・柿澤未途衆議院議員とのやり取り(ざまあみやがれ!ブログより)・・・・http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65750359.html

 

柿澤未途議員:そこで浜田政務官の国際政治経済学者時代の論文を今日は資料として配布をさせていただきました。スマトラ沖地震に隠された仰天情報。わたしなりに要約すると。アメリカが気象コントロール技術を研究していて、2004年のインドネシア・スマトラ沖地震と巨大津波もアメリカの開発した地震兵器、津波兵器が引き起こしたものである疑いがある。文字通り仰天するような内容が此処に書いてあります。資料の3枚目、アメリカの思惑として、地震と津波の襲ったこの地域は熱烈なビンラディン支持者が多い、東ティモールの独立勢力も一掃された、アメリカの石油資本にとって長年の敵が消滅し、願ってもない自然災害だったと書いてある。最後にはですね、悪の枢軸国に対しては地震や津波兵器を使うことも厭わぬアメリカ、こういうふうに書いてあります。で、浜田政務官がこのような発言をしたり論文を書いたりしたのは一度や二度ではありません。言わば浜田政務官の持論であり信念であると言って差し支え無いと思います。まあこういう方をですね、公認して選挙に擁立した自民党もなかなか勇気あるなあというふうに思いますけれども、菅総理にいたってはこの海外の人脈やパイプを活かして国際的な震災復興の協力体制を築いて欲しい、何をどうして欲しいって言うんでしょうかね。正直スマトラ沖地震と津波はアメリカの地震津波兵器の仕業だ、言われたら国際的な震災復興の協力体制といったってむしろアメリカだってこんな人を登用するなんて日本国政府は何を考えてるんだと思われてしまうんではないかというふうに心配を致します。どう思われますか? 浜田政務官。

浜田政務官:えーお答えいたします。えー。地震兵器とか自然改変装置というのは別にアメリカだけではなくて、旧ソ連も今のロシアも中国も多くの国々がですね、研究開発に余念無く取り組んできた事実があります。でしかも、地震あるいは津波、人工的に起こすということは、実は技術的には十分可能だと言われているのは国際政治軍事上においては常識化されているのであります。そういった意味でスマトラ沖の問題にしてもそういう可能性がある、ということを十分踏まえた上で、世界の国際政治の現実、ということを捉える必要があるというのが私の基本的な考え方であります。だからといってそのことによってアメリカ政府やアメリカの様々な企業が日本のために援助をしない、そんなことはけっしてありません。現実に様々なですね、アメリカの軍の関係の技術、国立の様々な研究所からですね、今回の大震災に関して技術的な協力をしたいという申し出がよせられている事実があるわけであります。以上です。

youtubeにアップされていた部分は削除され、関連ブログも削除されています。

国会質疑・答弁 http://www.nicozon.net/tag/%E6%9F%BF%E6%BE%A4%E6%9C%AA%E9%80%94

柳川ゆきこ元広島県議会議員のブログにも関連した記事がhttp://www.seijika.org/entry/472682

リンク先の新ベンチャー革命ではもっと詳しく述べられています。http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/25189313.html

まとめ http://matome.naver.jp/odai/2129992326446738801

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 国会で地震兵器について言及 2011.09.01.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2651

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ