« 明日から日田市議会一般質問 2011.09.06. | メイン | 川内原発で火事が発生 2011.9.10. »

鉢呂吉雄経済産業相、スピード辞任 2011.9.10.

迂闊な発言が命取りに。政治家のレベルが問題視され、問題発言の要注意人物の一人と目されていた大臣が、期待にそぐわずやってしまいました。野田どじょう内閣に第一の打撃です。

・・・・・・・・・・・・

呂経産相 首相に辞表提出 9月10日 NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110910/t10015521691000.html

鉢呂経済産業大臣は、福島県の被災地を視察したあと、記者の体に触れるような仕草をしながら、「放射性物質がうつった」などという趣旨の発言をしていたことなどの責任を取りたいとして、10日夜、野田総理大臣に辞表を提出し、受理されました。

鉢呂経済産業大臣は、8日、福島県の被災地や東京電力福島第一原子力発電所などを視察し、東京都内の議員宿舎に戻った際、記者の体に触れるような仕草をしながら、「放射性物質がうつった」などという趣旨の発言をし、民主党内では福島の再生を妨げる発言で、進退問題になるのは避けられないという意見が出ていました。こうした状況を受けて、鉢呂大臣は10日夜、国会近くの港区赤坂の議員宿舎で野田総理大臣と会談しました。そして鉢呂大臣は、今回の問題の責任を取りたいとして、野田総理大臣に辞表を提出し、受理されました。鉢呂大臣は、今回の問題について、10日昼すぎ記者団に対し、「おとといの記者団との非公式な懇談は、大半は被災地の状況など真剣な話をしたと記憶しているが、被災地の被ばく線量の話があったので、記者の皆さんにも厳しい状況を伝えたかった。国民の皆さん、とりわけ福島の被災者の方々に大変な迷惑をおかけし、心からお詫びしたい」と述べていました。鉢呂大臣は、10日夜、経済産業省で記者会見を行うことにしています。

 ・・・・・・・・

鉢呂吉雄経済産業相が東京電力福島第1原発の視察を終えた8日夜、東京都内で報道陣の一人に近寄って防災服をすりつける仕草をし、「放射能をつけたぞ」という趣旨の発言をした。不用意な行動と批判されるのは必至で、原発を所管する担当閣僚としての資質が問われそうだ。

鉢呂氏は防災服をすりつける仕草をした後、記者団に「除染をしっかりしないといけないと思った」と強調した。報道陣は、鉢呂氏の福島第1原発の視察後の見解を聞くため、取材していた。鉢呂氏は9日、仕草について「厳しい状況だったということを話した」と周囲に釈明している。

鉢呂氏は9日午前の会見で、福島第1原発の周辺市町村を「死の町」と発言。野田佳彦首相が訂正を求め、鉢呂氏は同日午後の会見で発言を撤回し、陳謝した。鉢呂氏は8日、野田首相に同行して福島第1原発や同原発から半径20キロの警戒区域を視察していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110909-00000149-mai-pol

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 鉢呂吉雄経済産業相、スピード辞任 2011.9.10.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2660

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ