« 金銀錯嵌珠龍文鉄鏡・金錯鉄帯鉤 2011.09.02. | メイン | 多民族国家、天皇家と日本民族のルーツ »

九州・地方自治・政治・選挙レス

とわずがたりな掲示板からピックアップ。

選挙の年、半年を振り返って。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/lite/read.cgi/study/2246/1225012585/2060n-

とわずがたりな掲示板トップ  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/lite/subject.cgi/study/2246/

2137チバQ

2011/03/26(土) 11:28:29

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110321-00000207-mailo-l44
'11統一選・情勢と構図:県議選/中 /大分
毎日新聞 3月21日(月)13時36分配信

 ◇日田、新人2人が現職に挑戦
 ◇由布、豊後高田、杵築は無投票か 国東一転選挙へ
 ◆日田市区(定数3-5)
桜木博   72 自現(2)
井上伸史  64 無現(3)
酒井喜親  63 無現(1)
財津さやか 37 無新
杉野義光  67 無新
 2市議が年末年始に出馬を表明。無風ムードから一転、激戦に。
 保守本流を自負する自民の桜木は旧市で厚く布陣。旧郡部は「ゲリラ戦で切り崩す」構え。同じ保守地盤の杉野とせめぎ合いも。
 自民公認から推薦に回った上津江出身の井上は旧郡部に加え、旧市内も後援会を強化。「前回のトップ当選は出来過ぎだ」と引き締める。
 前回、「社民の灯」を守った社民推薦の酒井は平和運動センター、連合の組織戦を展開し、「打って出る半面、引き締めが大事」と陣営。
 現職の在りように不満を抱く前市議会議長の杉野は元衆院議員や元市長との個人的パイプと厚い後援会で、出遅れなどのカバーに努める。
 民主・国民新推薦の財津は「若者と政治の距離を縮める」。無党派層や女性、若者を取り込む構えだが、中央で民主が失速。連合組織も酒井に傾き、態勢の再構築を急ぐ。

・・・・・・・・・・・・・・ 

2316チバQ

2011/04/20(水) 00:01:23

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110419-00000237-mailo-l44
統一地方選:市なのに町より少ない? 議員定数に「逆転現象」 /大分
毎日新聞 4月19日(火)14時15分配信

 統一地方選も後半。大分、別府市長選とともに別府、日田、中津、宇佐、杵築、津久見の6市議選は選挙戦に入り、玖珠町議選と姫島村議選も19日告示される。6市議選はいずれも定数を4~2減らし、2減の津久見市は14に。玖珠町議選は定数16のままで、市の定数が町より少ない「逆転現象」が生まれる。
 定数は地方自治法で定められ、人口に応じた上限がある。2000人以上5000人未満の町村は14▽1万~2万人の町村は22▽5万人未満の市と2万人以上の町村は26▽5~10万人の市は30▽10~20万人の市は34▽30~50万人の市は46--が本県の18市町村にあてはまる。津久見市の定数は法定上限より12少なく、日出町も10少ない。玖珠町にしても6少なく設定している。逆に大分市と佐伯市は上限いっぱいで、中津市と宇佐市も今回選挙までは同じだった。
 一方、議員1人あたりの有権者数(10日現在)を見ると、大分市は8131人で断トツ。津久見市は1252人で、896人の玖珠町との差が際だつ。姫島村の258人、九重町の697人、豊後高田市の918人、竹田市の979人も、相対的な議員の多さを示している。
 玖珠町議会は昨年12月議会の委員会で、削減について各議員から意見を聴取したが集約できず、結局、本会議には出なかったという。大分市議会も「定数議論は必要。引き続き調査研究する」(議会活性化推進会議)とするものの、前に進んでいない。佐伯市では市自治委員会連合会が定数削減を強く要望している。【梅山崇】
.....................................................................................................................
 ◆県内自治体の議員定数◆
 (左から定数、上限、議員1人あたり有権者数)
大分市   46 46 8131
別府市   25 34 3965
中津市   28 30 2425
日田市   24 30 2418
佐伯市   30 30 2206
臼杵市   23 26 1551
津久見市  14 26 1252
竹田市   22 26  979
豊後高田市 22 26  918
杵築市   20 26 1339
宇佐市   26 30 1910
豊後大野市 24 26 1419
由布市   22 26 1340
国東市   22 26 1234
姫島村    8 14  258
日出町   16 26 1421
九重町   13 22  697
玖珠町   16 22  896
 ※今回から定数は別府4、中津2、日田4、津久見2、杵築2、宇佐4それぞれ減

4月19日朝刊

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2414チバQ

2011/06/19(日) 19:45:56

http://mytown.asahi.com/oita/news.php?k_id=45000001106180006
原田氏が出馬表明/日田市長選
2011年06月18日

 7月10日投開票の日田市長選を巡り、会社役員原田啓介氏(52)=日田市中央1丁目=が17日、無所属での立候補を表明した。すでに現職の佐藤陽一氏(62)=1期目=が表明しており、一騎打ちの公算が大きくなった。

 この日記者会見した原田氏は「4年前は佐藤さんを応援したが、その後の佐藤市政は全てに『上意下達』『問答無用』。こんなはずではなかった、という思いだ。東日本大震災以降、この国の仕組みが根底から変わっていくとき、日田市民が本気で参加できる市政をつくりたい」と述べた。また懸案のクンチョウ酒蔵問題については、「蔵の保存と美術館は切り離して考える」などと語った。

 原田氏は日田市出身で東海大付属第五高卒。自由の森大学実行委員長、同事務局長などを務めた。8年前の同市長選にも無所属新顔で出馬し、当時の現職と一騎打ちを演じたが惜敗している。(堺謙一郎)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110610-00000263-mailo-l44
選挙:日田市長選 原田氏が立候補へ 佐藤氏と一騎打ちの公算大 /大分
毎日新聞 6月10日(金)15時6分配信

 任期満了に伴う日田市長選(7月10日投票)に、会社役員で元「自由の森大学」事務局長の原田啓介氏(52)が立候補する意向を固めた。現職の佐藤陽一氏(62)は昨年12月定例市議会で再選に向け立候補を表明しており、一騎打ちの公算が大きくなっている。【楢原義則】
 原田氏は03年の市長選で3選を目指す現職と戦い、1371票差で惜敗。前回は4選を図る現職の対立候補となった新人の佐藤氏の支援に回り、初当選の一翼を担った。
 だが、今回は「佐藤市政の官僚的、上意下達の政治姿勢と行政手法に疑問を抱くようになった」という。更に「経済対策もその場しのぎの"ばらまき"で、日田の未来像が感じられない」と批判。自らの政策については「これから現状を精査し、『地域の総合商社化』などビジョンを明らかにし、市民の意見を反映させたい」。
 7月3日の告示まで1カ月弱。助走期間がない中、現職を上回るビジョンと実効性を打ち出せるか、現職批判勢力をどう糾合するかなどが焦点になるが、勝手連的な草の根運動を展開する構え。
 佐藤市長は再選立候補表明で「景気・雇用対策中心に全力を挙げてきたが、道半ば。次期は観光再生にも力を注ぐ」などと具体的な取り組みを交え意欲を示した。

6月10日朝刊

  • 2415チバQ

    2011/06/19(日) 19:51:48

    >>428
    日田公社人事巡り、市長と議会対立
     日田市土地開発公社の理事任命を巡り、佐藤陽一市長と市議会が対立を深めている。議会が理事に推薦した議員4人のうち1人が市監査委員を務めているため、佐藤市長が「経営をチェックする立場の監査委員が、経営責任を負う理事に就くのはふさわしくない」と任命を拒否したことが発端。議会は4日、議会運営委員会を開き、「議会の総意なので変更できない」として、理事候補全員が理事に就任しないことを決める異例の事態になった。

    >>2409
    日田市長選 維新の会、擁立断念

    http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/246976
    日田市の岩澤美術館計画 「酒蔵に展示」市が発案 根拠の客観性疑問も
    2011年6月14日 00:42 カテゴリー:九州 > 大分
     日田市が進める豆田町のクンチョウ酒造への美術館整備計画について、故岩澤重夫氏の絵や遺品を同酒造に展示するアイデアは、市側の発案だったことが13日、定例議会の一般質問で分かった。佐藤陽一市長の諮問機関「岩澤重夫画伯作品保存検討委員会」の議事録を入手した日隈知重(ともしげ)議員(共産党)が質問した。

     佐藤市長は、美術館の場所を同酒造とした根拠の一つに検討委員会の答申を挙げている。委員の同意を得たとはいえ、結果的に市の提案に沿う形になった答申は、客観性に疑問符が付きそうだ。

     検討委員会は、岩澤氏の作品などの展示に最適な場所を議論するため、遺族や民間の6人で構成。委員長は横田秀喜・市地域振興部長が務める。

     横田部長の答弁によると、昨年4月の第1回会合では、美術館の候補地として、委員から西国浪漫館跡、岩田屋跡地、学校跡などの案が出たが、クンチョウ酒造案はなかった。だが、5月の第2回会合では、事務局を務める市側が各候補地の問題点を挙げた上で、同酒造を提案したという。委員も了承し、同17日に佐藤市長に答申された。

     日隈市議は「その後の会合では『こうじ菌がいるので、クンチョウは美術館に適さない。天領日田資料館(同市豆田町)ならいい』との意見も出ており、(答申と)矛盾している」と指摘。

     横田部長は「第1回会合で『集客が見込め、岩澤氏の古里である豆田町が望ましい』との意見が出ていた」として、委員の意向を受けた答申だった点を強調。こうじ菌の問題については「作品に与える影響を調べないと分からないし、今後の課題と捉えているので矛盾はない」と反論した。

     一般質問では他に、立花正典議員(互認会)など4人も、同美術館計画を取り上げた。

    =2011/06/14付 西日本新聞朝刊=

  • 2416チバQ

    2011/06/19(日) 19:54:15

    ■2003年日田市長選
    17303 大石昭忠 60 男 無所属 現 日田市長
    15932 原田啓介 44 男 無所属 新 会社役員

    ■2007年日田市長選
    23946 佐藤陽一 58 男 無所属 新 無職、元県職員
    13086 大石昭忠 64 男 無所属 現 日田市長
    6417 橋本信一郎 60 男 無所属 新 ひまわり保育園副園長、元市議
    2558 相良勝彦 62 男 無所属 新 農業、元県議

  •  

    ・・・・・・・・・・・・・

    2428チバQ

    2011/07/04(月) 21:29:56

    http://mytown.asahi.com/oita/news.php?k_id=45000001107040006
    新顔・現職一騎打ち/日田市長選
    2011年07月04日

     日田市長選が3日告示され、新顔で会社役員の原田啓介氏(52)と、現職で再選を目指す佐藤陽一氏(62)のいずれも無所属の2人が立候補した。両陣営はそれぞれ市内で支援者を集めて出陣式を行い、その後、選挙カーで市内を回って支持を訴えた。
     原田候補は市内の三隈川河川敷で出陣式。現、元市議や元市幹部から「市民不在の市政を市民に取り戻そう」との激励が続いた。
     原田候補は「立候補を決意してから皆さんに会い、この町を変える必要性を痛感した。
    東日本大震災で国が変わる中、新しい自治を皆さんとつくりたい。私たちの声が届く、未来を展望できる町をつくるため、残された1週間、命をかけて走りたい」と訴えた。
     一方、佐藤候補は同市新治町の選挙事務所で、推薦している連合大分の代表や地元県議、市議、支持者らが参加して出陣式。
     佐藤候補は「4年間、全力がんばってきたが、まだ道半ば。これからは日田の底力で人口の増える元気な町にしたい。広瀬県政との太いパイプで道路など社会基盤を充実する。夢や希望の持てる日田をつくるため2期目の市政を任せてください」と訴えた。
     投票は10日、市内59カ所で行われ、同日夜9時から市総合体育館で即日開票される。2日現在の有権者数は5万9027人(市選管調べ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・

    2433チバQ

    2011/07/05(火) 22:29:00

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110705-00000249-mailo-l44
    公選法違反:容疑で別府市副市長らを告発 労使一体選挙に一石 /大分
    毎日新聞 7月5日(火)15時36分配信

     4月24日投開票の別府市長選を巡り、同市の自営業男性(49)が副市長ら4人を公選法違反容疑で別府署に告発した問題は、労使挙げて現職を支持する市の選挙戦に一石を投じそうだ。【祝部幹雄】
     ■「選挙目的」批判も
     告発状が問題視するのは告示直前の4月11日夕、市役所近くの公民館であった臨時部課長会。2副市長と約50人の部課長、市職員労働組合委員長が出席。委員長が選挙協力を要請したとされる。
     ある幹部は「時間外に市役所外へ集めるのだから、行く前から選挙の話と思った」。会合では新課長紹介後、副市長が綱紀粛正を求めるあいさつ。出席者によると、委員長が「職員削減を公約に抱える新人が当選すれば、市政混乱を招く」と続いたとされる。市職労側は「推薦したので協力を呼び掛けただけ」としている。
     2副市長は委員長の要請発言をさえぎらなかった。男性は「部課長への権限を有する地位を利用した選挙運動」と主張する。
     ■「会議室」あるのに
     会議を招集した部課長会代表幹事は「市長選で、3月末退職の部課長が補充されず、管理職が減っていた。綱紀粛正を求める必要があった」と説明する。
     ならば、庁舎内で開けばよい会合をなぜ外で? 代表幹事は「大会議室2室の1室は予約済み、もう1室は片隅に選挙管理委員会の物資が置かれ、使えないと思った」と話す。
     実際には、代表幹事は会議室が使えるか、予約担当課にも選管に打診していない。本庁隣接の水道局大会議室も空いていたのに。
     会合があった公民館は、統一選期間中、市職労が選挙作業のため借り上げていた。市職労は市長選で現職支持を決めており、「そもそも市職労主導の招集では」との声もある。
     ■委員長がかたづけ
     「市職労主導」がうかがえる"傍証"は他にも。会合終了後のビデオには、部課長全員が帰った後で委員長が段ボール箱を運び出し、カギをかけて帰る姿が映る。告発した男性は「説明通りに部課長会主導なら、後かたづけも部課長がやるのが自然」と指摘する。
     ■運動禁止の課長にも要請
     全部課長を呼んだため、委員長は選挙運動禁止の課税、収納、保険年金の3課長に選挙協力を要請する勇み足を踏んだ。一般公務員は「地位を利用した選挙」以外の運動は可能だが、公選法136条は市町村の徴税職員の選挙運動を禁じる。有権者に強い権力を持つ公務員だからだ。そのことさえ知らない市幹部も多く、3課の課員に選挙協力者カードまで流されていた。

    ・・・・・・・・・・

    ◆日田市(定数24)
     ◇ベテラン引退、新人8人
     定数は今回から4減の24に。現職17、新人8の計25人の少数激戦が予想される。党派別では民主1、公明2、共産3、社民1、無所属18(うち社民系2)人。出身地別では旧市18人、旧郡部7人。
     7期の室原基樹氏、菅田敏幸氏、4期の川崎邦輔氏、3期の矢野美智子氏らベテラン勢に加え、県議選に立候補した2氏を含む計10氏が一斉に引退・転身。これに対し、新人出馬の動きは鈍く「無投票」もささやかれたが、ようやく「無投票はよくない」と1人が名乗り出た。【楢原義則】
    ・・・・・・・・・・・・・・

    2439チバQ

    2011/07/11(月) 22:24:18

    http://www.oita-press.co.jp/localNews/2011_131034586444.html
    日田市長選原田氏が初当選
    [2011年07月11日 09:52]

          <開票結果> 
    当 19,338 原田啓介 無新
      17,643 佐藤陽一 無現

     投票総数 37,351  投票率 64・33 
     有効票   36,981  無効票   370 

    任期満了に伴う日田市長選挙は10日午前7時から、市内59カ所で投票が行われ、午後9時から市総合体育館で開票した。その結果、新人で会社役員の原田啓介氏(52)が現職の佐藤陽一氏(62)=いずれも無所属=を約1700票差で破り、初当選を果たした。投票率は64・33%(当日有権者数5万8062人)。前回(77・40%)を13・07ポイント下回った。
     原田氏は正式な出馬表明が告示日の約2週間前と出遅れたものの、現職批判勢力を集めて挽回。「民意が反映されていない官僚主導の政治」などと一貫して佐藤氏の行政手法を批判。保守系市議、元市議、市職員OBらの支援を受け、日増しに知名度が浸透していった。
     公約では(1)市民参加の事業仕分けで無駄な事業を洗い直す(2)総人件費カットを含む財政支出の見直し―などの行財政改革も打ち出し、市政刷新を望む有権者から幅広い支持を得た。
     佐藤氏は連合大分、日田地区平和運動センターや市内民間約60団体の推薦を受けたが、組織固めが盤石でなかった。政治姿勢などに対する批判が予想以上に強く、前回支持者の離反も目立った。

    責任の重さ感じる
     原田氏の話 責任の重さを感じている。市民は官僚型政治の閉塞(へいそく)感から抜け出したかったのではないか。期待に応えて新しい日田づくりを目指す。

    原田 啓介(はらだ けいすけ) 52 無新(1)
    東海大付第五高卒(自由の森大学事務局長)会社役員。中央1丁目出身

    ・・・・・・・・・・・・・・

    2448チバQ

    2011/07/29(金) 22:44:58

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110729-00000043-zdn_n-inet
    「市長がはまっている」 佐賀県武雄市、市のページをFacebookに完全移行へ
    ITmedia News 7月29日(金)14時47分配信


    武雄市のフェイスブック係の皆さん

     佐賀県武雄市は、8月1日に市のホームページを閉鎖してFacebookページに完全移行する。移行作業を担当するアラタナとSIIISが7月29日に発表した。

    【写真:切り替わる武雄市のホームページ】

     データはサーバに残し、Facebookページ内に外部からのリンクとして表示する。「くらしの便利帳」や市政情報などの現行コンテンツは、掲載期限切れコンテンツなどを除いてほぼ全てFacebookページ上で見られるようにするという。現行サイトのトップページには、Facebookページへの誘導画面を表示する予定だ。

     武雄市のつながる部秘書広報課広報広聴係フェイスブック係の宮口直之氏によると、「現行のホームページでは、どのコンテンツがどれだけ見られているかを職員全体で共有することが難しかった」という。Facebookページへの移行後は、情報をリアルタイムに発信するとともに「いいね!」ボタンやコメントを活用し、市民の声を取り入れたWebサイト運営を目指す。

     武雄市では日本ツイッター学会会長 兼 日本フェイスブック学会会長でもある樋渡啓祐市長のもと、TwitterやFacebookを積極的に活用している。これまでにも市職員同士や市民とのコミュニケーションを促進するため、市の全職員にTwitterアカウントを付与するなどの施策を行ってきた。

     「本施策も、TwitterやFacebookにはまっている樋渡市長のアイデアをもとに検討が始まった」と宮口氏は話す。しかし、当初は移行を懸念する声もあったという。

     「検討を始めた当時、Facebookではアカウントを持っていないとページを閲覧できなかったため、『市民全員が見られないホームページというのは良くないのでは』という反対意見もあった。しかし、検討を重ねているうちにFacebookが仕様を変更し、アカウントを取得しなくてもページを閲覧できるようになったため、『それならば大丈夫』ということで意見がまとまった」(宮口氏)

     Facebookの使い方が分からないという市民に対しては、武雄市内の民間団体が運営している問い合わせセンター「ICT寺子屋」などで対応してもらうという。また同市では民間団体による「Facebook交流会」などのイベントが自発的に開催されているため、市民の利用に関してはさほど問題はないとみる。

     また同市ではホームページの移行と併せて、Facebookページ内に新たに東日本大震災被災者への募金フォームを設置する。フォームの設置はアラタナが担当する。クレジットカード決済によって、Facebookページ上で簡単に募金ができるようにするという。

    トラックバック(0)

    このブログ記事を参照しているブログ一覧: 九州・地方自治・政治・選挙レス

    このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2655

    2012年2月

          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29      
    My Yahoo!に追加

    アーカイブ