« 日田市議会本会議上で 2011.12.10. | メイン | 東北地方太平洋沖地震から9ヶ月 2011.12.11. »

愛と平和はどこに、のこされた動物たち 2011.12.12.

フェイスブックで友達になったパリ在住のMakiさんのブログから。

今晩も、NHKで都会で進む放射能汚染の実態が報道されていましたが、

・・・・・・・・・・・・

Thu, October 06, 2011 21:17:38

愛と平和はどこに。

テーマ:日常

続けて更新です。

めずらしっ!

 

Love&Peace。

愛と平和は今この世界、どこにあるんでしょう。


身近なところでは、私の枕の上だったり、お布団の中だったりするんだけれども。


わんころりーぬ。
わんころりーぬ。



政府は放射線を浴びて良い量を、年間1~20ミリシーベルトに緩和するとか、馬鹿な事を言っています。

こんな事言ってる政府のじじい達はさっさと被爆して、死んでしまえば良い。


気にしてる人は気にしてるのかもしれないけど、もうなかった事。過ぎ去った事と思い、まったく気にしてない人達が沢山いる。

きっと気にしてない人は、5年後とかに後悔するんだろうし、自業自得だと思う。

政府の言う事云々ではなく、自己管理、自己防衛の出来ない人達だと思う。



日本だけではなく、世界中で核実験などして、きっと綺麗な所などもうどこにもないんじゃないかしら。

宗教、お金、私利私欲の為に争い、たった一つしかないこの地球を汚し、あんな大事故があった後でも、原発再稼働とかしちゃう。


理解できない。



愛と平和はこの世界のどこにあるんでしょう。



それから、ちょっとした宣伝をさせて下さい。

私のピアノとは全く関係ないのですが、写真展の紹介です。


福島原発。20キロ圏内の警戒区域に取り残されてしまっている、動物達。

大震災から早7ヶ月。

もうすでに手遅れで、死んでしまった子達も沢山います。

でも待ってる子達もまだまだいます。


自分達の身を犠牲にして、警戒区域に入り、保護してくれているボランティアの方々がいます。

その方達のブログなど見ていると、まっすぐに隠さず伝えようとする、事実。

辛くて辛くて目をそむけたくなるような、写真が公開されていますが、それが現実で事実です。

自分の無力さに、ふがいなさ。


なにも出来ない事に、悔しくて仕方ありません。

本当に心が痛くて、涙が止まらない。



そんな取り残されてしまって、待っている子達の写真展です。


もしお時間がある方は、是非行ってみて下さい。

そして少しでも募金をしてあげて下さい。

私は行けないので、少しでもなにか出来る事があればと思い、宣伝させて下さい。



わんころりーぬ。

太田 康介 写真展
「のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録」

- 失われたいのち。助けを待ついのち。その姿が、ここにある。 -
東日本大震災に伴って引き起こされた原発事故。未だ収束のめどすらつかない事態の中、動物たちは死のふちへ追いやられている。多くのペットは飢えと孤独の世界に取り残され、蓄主を失った家畜たちは、想像を絶する地獄絵図の中へ投げ込まれた。
人間の起こした不始末。先の見えない汚染と惨劇の中に、今も尚、彼らはいる。

【 入 場 無 料 】

<開催日程>
10月 8日(土)13:00-20:00
10月 9日(日)10:00-20:00
10月10日(祝)10:00-18:00

<場所>
新宿区西新宿1-24-1(新宿駅から徒歩5分)
エステック情報ビル2F 「クリスタルスポット」

大きな地図で見る


◆太田 康介(おおた やすすけ)Profile
1958年生まれ。滋賀県出身。
フリーランスのカメラマンとして、アフガニスタン、カンボジア、旧ユーゴスラビア連邦などの紛争地域を撮影。2004年に猫を飼い始めたことで魅了され、以降はペットなど動物も被写体とする。
原発事故によって取り残された動物たちの窮状を知り、個人で保護活動を行いながら今も撮影を続けている。
著書「のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録」 (飛鳥新社)
ブログ「うちのとらまる」http://ameblo.jp/uchino-toramaru/

<主催:佐々木ちはる(個人ボランティア)>
「警戒区域の動物たちを見捨てない!」http://animaldemo.blog.fc2.com
Meil:animal_demo@excite.co.jp / Twitter:animal_demo

==========================================================

以上、画像/PDFもふくめ転載自由、配布自由です。
皆さま、ぜひ宣伝にご協力ください。
※転載くださる場合は===内の文章をそのまま全文掲載願います。(リンク等にまで気を配って頂く必要はございません)
※配布してくださる場合はご迷惑とならないよう配慮願います。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 愛と平和はどこに、のこされた動物たち 2011.12.12.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2763

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ