« 思いがけないアクセス数入賞  2012.01.08. | メイン | 久世みずきさん、今年もご活躍を 2012.01.11. »

「シリウス文明がやって来る」さん、今年もよろしく 2012.1.10.

今年になって初めて「シリウス文明がやって来る」さんを拝見しました。

私のブログのリンク中で、いつもトップにきています。

1月6日の福島の状況にもふれています。

ブログ冒頭のことばが言わせません。

 

以下、Kagari Kazukiさんから転載。

 

【このブログを閲覧する上でのお約束】

★妄信をしない ★鵜呑みにしない ★過信をしない ★依存をしない
 ★自らの思考、想念、感情を隅々までチェックする
★検証確認は細部まで徹底的に行なう

最も簡単な検証方法は、オーリング・テスト、
キネシオロジー・テスト、ベンジュラム...etc.

これを実践もしないで、文句を言ってたらダメよね★

 

2012年01月01日

西暦2012年、あけましておめでとうございます


西暦2012年、あけまして、おめでとうございます。

本年も、よろしくお願い申し上げます。


西暦2012年は、日本の干支では、辰年(たつどし)です。

今年は、「丑寅の金神」の中の、
三角形の頂点に位置しています、
国常立大神(くにとこたち)さんの働きが強く出て来ます。

このことが意味するのは、"大浄化"です。

"大浄化"は、決して、避けて通ることの出来ない道であり、
必ず、乗り越えなければならない"暗闇のトンネル"です。

国常立大神さんは、地球の惑星意識と、
最も意識を調和させながら進んでいる神存在であり、
龍型生命体の総元締めである1柱です。

地球そのものの守護神であるとも云えます。

地球は、"宇宙の大転換期"を迎えて、
ようやく、宇宙の霊性進化の次なる段階に入るのですから、
古い世界は、否応なしに、脱ぎ捨て去らなければならないのです。

新しい時代へ向かう進行過程においては、
宇宙の意思であっても、個人の意思であっても、
"変化は、意図的に起こされるもの"です。

ですので、"変化を意図しない"のであれば、
新しい時代へは入れないことになります。

地球の次なる段階に、ともに進む人々においては、
それは、摩訶不思議な桃源郷であるとしか云いようのない、
想像を絶するような素晴らしき、新しい世界へと入ります。

これは、約束されていた未来である、
"約束の地(the Promised Land)"です。

西暦2012年は、その約束された場所へと向かうための、
"最後の難関である登龍門"です。

この"登龍門"を潜り抜けることが出来た人々だけが、
"約束の地"へと導かれてゆきます。

このことは、基本的には、
生きたまま物質肉体を保有したまま行なわれます。


(途中で、他界される人々のことは、
世界中のシャーマンたちや、最善なる
スピリチュアル・ガイドたちに委ねてください。)

すでに、"約束の地"へと入ってしまった人々もいますし、
これから、国ごとに、地域ごとに分けられて、
"約束の地"へと入ってゆく人々がいます。

これには、段階があり、個人差があります。

このメッセージは、後者の人々のために綴られています。

私たちの関連諸国(それぞれの国名はNG)は、
闇の残党勢力と、それに加担するテロリストたちの動きを警戒中。

その他の情報開示なし。

※上記の文には、スクランブル信号を掛けています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「シリウス文明がやって来る」さん、今年もよろしく 2012.1.10.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2783

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ