« これまでの世界、これからの世界 2012.02.14. | メイン | 日田広域文化観光フォーラム2月26日開催  »

名古屋から桜の便りが  2012.02.14.

 名古屋から桜の便りです。どうなっているんでしょう?

関東大震災の時も、桜の開花があったと聞いています。

氷点下の立春を迎えたのに。

 

桜:名古屋にソメイヨシノ?...季節外れの開花に驚き

http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20120204k0000e040127000c.html

雪の残る中、かれんな花を咲かせた桜=名古屋市中区三の丸で2012年2月3日、大竹禎之撮影
雪の残る中、かれんな花を咲かせた桜=名古屋市中区三の丸で2012年2月3日、大竹禎之撮影

 4日は立春。この日の最低気温は名古屋市で氷点下3.1度を記録するなど、東海地方は連日厳しい寒さが続く。春とはほど遠い気候の中で、名古屋市中区三の丸の桜の木が、6分咲き程度まで開花した。専門家は「断定はできないが、ソメイヨシノに似ている」と話し、季節外れの開花に驚いている。

 現場は、官公庁や公務員住宅が建ち並ぶ官庁街の一角。隣り合う2本の木が、いずれもうっすらピンクに染まっている。東山植物園(名古屋市千種区)の下総勝義緑地造園係長は「桜は自然交雑しやすく、品種を断定できない」とした上で「一重の花びらやサイズなど、ソメイヨシノに見える」と話す。

 桜は300~400品種あるとされ、名古屋地方気象台が観測の対象とするソメイヨシノの開花は、平年値で3月26日。90年以降の記録では、最も早い開花で3月17日となっている。

 下総係長は「早咲きの桜でも、この地方での一般的な開花は2月下旬ごろから。6分咲きという咲き方も含め、開花理由は見当がつかない」と春の珍事に首をひねっている。【安達一正】

毎日新聞 2012年2月4日 10時25分(最終更新 2月4日 11時22分)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 名古屋から桜の便りが  2012.02.14.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2809

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ