« 日田市葬祭場の指定管理者をめぐって 2012.03.04. | メイン | 3月3日は、ひなまつりで誕生日 2012.03.04. »

子ども達に今できること 

 
福島子供集団疎開裁判の棄却を受けて行う、世界市民法廷について英文のプレスリリース書きました。
外国の人にも広げてください。
東京法廷...は今週の日曜日、
2月26日で日比谷図書館地下一階。
同時通訳がつくようです福島。
世界市民法廷は、
2011年6月に子供訴訟を退避させ、郡山市の14小学校と中学校の生徒の両親は、福島参照郡山地方裁判所に訴訟を提起した低い放射線レベルの地域で学校教育を持っている王の仮処分。しかし、2011年12月16日に、裁判所は訴えを却下しました。この判決は妥当だった?今、
日本の関係者の市民は世界中から(3月17日)東京(2月26日)に、郡山市の魅力的なインターネットの陪審員を世界市民法廷を開催します。
また、福島の子供たちの将来に影響を与える可能性があり、この重要な前例のない物語をカバーするために外国メディアを招待したいと思います。
東京日付と時刻の世界市民法廷:1:00 PM、2月26日日曜日場所:日比谷コンベンションホール(日比谷図書館B1、日比谷公園、東京)東京日付と時刻の世界市民法廷:13:00〜午後5時3月17日(土)場所:郡山Danjyo古道三角センター(三角広場)ノーム·チョムスキーから2階集会室メッセージこれは、子供の訴訟を退避福島に個人的なサポートを貸すことができるようにする権限です。そこには、その中に最も脆弱な人々がどのように扱われるかよりも、社会の道徳の健康は良い指標はなく、noneまたは非良心的な行動の犠牲者である子供よりも、より脆弱、またはそれ以上の貴重な。日本のために、私たちすべてのために、これは我々が失敗してはならないというテストです。ノーム·チョムスキー
続きを読む
作成: Nagi Wind
 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 子ども達に今できること 

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2826

2012年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
My Yahoo!に追加

アーカイブ