« 含蓄のある言葉  2012.05.15. | メイン | チェルノブイリの真相 »

就職失敗で年150人自殺 11年に30歳未満 2012.05.15.

先ほど、ニュースZEROで就職率が改善の兆しとありました。
中小企業に就職を求めた結果とありました。
30数年前、作られたオイルショックでモノ不足、物価高騰。
その後、今度はモノ余り現象で一気に不況へと突入し就職氷河期。
この年に、初めて大学卒業者が中小企業に就職しました。
私も、それを経験した一人ですが、
就職難の時代に、一気に新卒者の公務員採用をカットした
今の政権には怒りを覚えます。

自分たちの既得権益を追い求め
ワークシェアする気持ちの欠片もない政治家に官僚群。
行財政改革を全く進めることなく、
増税で穴埋めしようとする無策ぶりは
景気に一層の悪影響を与えるでしょう。
...
先日、就職できずに若年者の自殺者の報道。
日本もここまで来たかと愕然としました。
 
中国では、就職難での自殺が以前から社会問題化していました。
特に、地方から学費を親族等から支援してもらい大学進学を果たしたものが、故郷の期待に沿うような就職ができずに自殺するものが増えていました。
非正規雇用制度の導入等、政府の責任も大いにあると思います。
・・・・・・
以下は、中国新聞からの転載です。

就職失敗で年150人自殺 11年に30歳未満

 就職がうまくいかないことを苦に自殺した30歳未満の若者は、2011年に全国で150人に達したことが13日、警察庁の調査で分かった。10年(159人)から2年連続で年間150人以上となり、現行の調査を始めた07年の2・5倍に急増している。
 08年秋のリーマン・ショック後の景気低迷に加え、東日本大震災や円高で企業が新卒採用を絞り込む傾向が続き、若者の就職難が長期化していることが影響したとみられる。
 大学4年生は4月以降、就職活動を本格化。政府は近く若者の雇用対策を打ち出すとともに「自殺総合対策大綱」を5年ぶりに見直し、若年者の自殺予防策を強化する方針だ。ハローワークでの相談体制の強化などが課題となりそうだ。
 自殺は、複数の要因で引き起こされることが多いが、警察庁は遺書や遺族の聞き取りなどから、就職の失敗が動機とみられる自殺数を調査。30歳未満の150人のうち男性が126人と8割強を占め、女性は24人だった。52人が学生で、このうち大学生が41人を占め、高校生も4人いた。
 就職失敗が原因で自殺した若者は07年に60人、08年に91人だったが、リーマン・ショックの影響で就職難だった09年に130人に急増し、その後も高止まりしている。
 若者の雇用環境は、11年3月卒の大学生の就職率が過去最低の91・0%に落ち込むなど厳しさが続く。15~24歳の若者の失業率も11年平均で8・2%と、全体の失業率(4・5%)を大きく上回っている。
 内閣府自殺対策推進室は「就職失敗が動機の自殺は、雇用悪化や非正規労働者の増加など経済情勢が原因なので対策に限界がある」と、予防策の難しさを指摘した。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 就職失敗で年150人自殺 11年に30歳未満 2012.05.15.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2884

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
My Yahoo!に追加

アーカイブ