« 頼母子3連チャンでメタボ維持 | メイン | 小沢一郎事件年表 »

野田政権、法案のどさくさ駆け込み大量採決

消費税大幅値上げ法案、財務省のコントロールで可決へ。

自民・公明の協力で野田内閣不信任案が否決され、消費税増税法案が可決される見通しが立ちました。

一体改革は、果たせないままに。

三宅雪子代議士のブログから、

日時 2012 年 8 月 07 日

「今週注意しなければいけないのは法案のどさくさ駆け込み大量採決。本当に危惧している三宅雪子代議士」
http://sun.ap.teacup.com/souun/8244.html
2012/8/7 晴耕雨読


https://twitter.com/miyake_yukiko35#

起床。

駅頭の準備。

野田政権はいい加減にして欲しい。

次から次へと問題が増えていく。

本当に申し訳なく思う日々だ。

しかし私が申し訳なく思っても当人と支えている周囲は申し訳なく思っていない。

今週注意しなければいけないのは法案のどさくさ駆け込み大量採決。

本当に危惧している。

国民の皆さんの生活に密着した重要政策をろくに審議せずに推し進めてはいけない。

駅頭終了。

私は名前の連呼と「おはようございます」ではなく演説形式。

演説のワンフレーズが耳に残ってくれたらと思う。

三大悪政(消費増税、原発再稼働。TPP)そして規制委員会の人事案反対。

広島原爆の日。

広島の地で野田総理は国民の意見を受け止めて来て欲しい。

国会では不信任案が出たら概ね2日以内に採決がされる慣例となっている。(議運調べ)

約束破りが日常茶飯事の野田政権が慣例など大人しく守ると思えないので、先に消費増税の参議院での強行採決に及ばないか要警戒である。

重要法案で私が今から反対を決めているのはACTAと秘密保全法。

ACTAは時の政権が信頼できかつ外交能力があったら考える余地は少しはあったかもしれないがTPPへの布石であるのが明々白々なのでNO。

労働安全衛生法はメンタルヘルスチェック(案は超アバウトな9項目)義務化が納得できない。

私のスタンスは明快。

1%の大企業より99%の中小企業。

そして企業と労働者であれば、労働者側に立つこと。

弱い立場の側に立つのが政治の基本だ。

法案を精査して労働者側に極端な不利益がないか確認する。

なぜかこの法案は民主党の厚生労働部門会議でもタバコの方にばかり議論が偏っていた。

斎藤やすのり議員とACTA抗議行動に参加しました。

賛否はともかく(反対してもらわないと困りますが)まずは国会議員に周知から!! http://t.co/mGYj4ycf

「国民の生活が第一」ホームページ。

ご案内が遅くなりました!! http://www.seikatsu1.jp/

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 野田政権、法案のどさくさ駆け込み大量採決

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/2985

2012年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
My Yahoo!に追加

アーカイブ