火星ってどんな星なんだろう?

 火星の記録(1): 生物の下あごの化石と主張する人がいるキュリオシティ撮影の写真

写真番号は NASA が火星の写真につけている通し番号で、NASA ジェット推進研究所のマーズ・サイエンス・ラボラトリーなどで、実物を検索することができます、
--

キュリオシティ撮影
写真番号: 0072MR0557000000E1_DXXX_a


mars-photo-001.jpg

場所: 火星のゲール・クレーターのグレネルグ領域。



キュリオシティが撮影した上の写真の中央にある下の部分は確かに独特な形をしています。
長さは 2.5センチ前後の小さなもののようです。

jaws-01.jpg



martian-jaws-02.jpg



これに関しては、アメリカの火星のオカルト的探求サイト wretchfossil に、

Curiosity Found Martian Jaw Bone & Teeth?
キュリオシティが、あごの骨か歯の部分の化石を発見した?

という記事があり、そこには地球上での化石の写真(下)と比較しています。

地球の原人の化石の下あご部分と周辺部分の化石

ape_man.jpg

ロイターより。



nat-bone.jpg

ネイチャーより。


まあ、この「火星の記録」シリーズは、記事というより、「資料」として、後に自分の見たい火星の写真などを検索しやすくするためのものでもありますので、特に「これが何か」というようなことを考えるものではありません。

今後も興味深い火星の写真について、あまり想像や解説などなく載せていこうと思います。

スペインの地殻変動 2012.11.27.

 

2012年11月17日


「スペインが割れている」: イベリア半島の複数の大地に巨大な亀裂が出現



totana-01.jpg

▲ 最初に巨大な亀裂が出現したスペインのトタナ。スペイン紙報道によると、地区の地質調査委員会が原因の究明に乗り出しているとのこと。
--


(訳者注) 地球の大地に「何か」変化が起きているかもしれないというようなことは、世界の各地から報告があります。そして、そういう地球の現在の現象と関係しているかどうかはわかりませんか、ブログ In Deep では、最近、地球の「真の極移動」と呼ばれる大地の移動や、あるいは地球の磁場に急速な変化が発生している可能性を報道している記事をご紹介していました。

それぞれ下の記事です。

起きていることは「ポールシフトではなく地球の大陸移動」: 地球の極の物理的な移動が起きていることが地球物理学会で発表される
 2012年10月03日

地球の核と重力が急速な変化を起こしていることが人工衛星データから確認される
 2012年10月25日


そんな中で、スペインの最近のメディアで「各地で巨大な亀裂が生じている」ということが報じられています。

今回の報道で注目に値するのはその範囲の広さかと思います。スペインのこの報道をまとめているサイトによりますと、亀裂の現れた範囲は、真偽は不明ながら、地図では下で赤く囲んだエリアの各地に及んでいるとのことです。

spain-crack-map-01.png

▲ 各メディアで報じられた亀裂の記事のできごとは上の円の中の各地で起きています。「A」の場所は、最初に亀裂が報道されたトタナという町です。


写真を見ると、海外線が崩壊している場所もあるようです。

どれも原因がわからないため、報道としての内容は事実描写中心の短い記事ですので、各メディアの写真を掲載しておこうと思います。


崩壊しつつある海岸線 (スペイン / ラ・オリバ海岸)

la-oliva.jpg

ヨーロッパプレス より。



1.5キロの長さに渡る亀裂 (スペイン / プエルト・ルンブレラスエル)

puerto-lumbrerasgrieta-murcia.jpg

スペイン語版 ABC ニュース より。



最初に報告された亀裂 (スペイン / トタナ)

totana.JPG

▲ 最初に巨大な亀裂が報告されたスペインのトタナ。


などです。


これらの現象が、「よくある通常のできごと」なのかそうではないのかは、現地周辺の事情に詳しくないのでわかりませんが、複数のメディアが報じているということは、ある程度の「異常性」があるできごとなのかもしれません。

何か他の動きがありましたらご紹介したいと思います。

政策そっちのけの維新の会 2012.11.26.

最初は、脚光を与えた維新の会だったけど、

脱原発から原発稼働容認でシフト変換。

ジャンケンで候補者選択は有り得ない。

その程度の党員しかいないのかと思ってしまう。

田原総一朗氏が痛烈批判。

「政策どうでもよくなった」田原総一朗氏が維新バッサリ

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/121124/waf12112411160007-n1.htm

脱原発で新党立ち上げの動きが 2012.11.26.

 
 
維新の会と完全にスタンスが違う新党結成の動きが出てきました。
 
滋賀県知事嘉田由紀子氏を党首に脱原発で新党結成か。
 
民主でもない自民でもない、これが真の第三極となるか。
 
まさに今回の選挙は国家の品格が問われる選挙です。
 
 
写真
写真
写真
写真

小沢一郎氏の無罪判決 2012.11.26.

小沢一郎氏の罪が確定しているかのように報道してきたマスコミ。 

あれだけ騒いでいたマスコミが、
 
無罪が確定した途端に黙り込んで知らんぷり。
 
公平な報道をなかなかしない営利企業群。
 

政局を動かす水面下の動きが 2012.11.26.

 
多くの政党が乱立して有権者が戸惑っています。
 
私の周りは選択肢がないと嘆いています。

マスコミ報道も当を得ているとは思えません。

 参考までに。

「ヤンバルで生きる」森住卓カレンダー近日発売 201.11.26.

 
フェイスブックフレンドの森住卓さんからメールが。
来年のカレンダーに使ってみませんか。
ヤンバルの森の保護に一役。


2013高江応援カレンダー近日発売
...
写真森住卓「ヤンバルで生きる」1000円

 沖縄県東村高江。ヤンバルの森。
ヤンバルクイナやノグチゲラなどたくさんの貴重種が生息する東洋のガラパゴス。
 
この森の中に米軍の北部訓練場がある。
ゲリラ戦やサバイバル訓練など
連日激しい人殺しの訓練が行われている。

 この基地に取り囲まれて人口160人の小さな集落がある。
ここにヘリパットの建設が日本政府によって工事が強行されている。

 住民は緑豊かなヤンバルの自然の中で子育てしたいと願っている。
だが、当たり前の願いが踏みにじられようとしている。
最近、普天間基地に配備されたオスプレイも連日低空飛行している。
墜落事故の危険がさらに増した。
住民は身体を張ってヘリパット建設に反対を続けている。
ブログでもたびたびそのレポートをしている。

日田市の永山城絵図を発見!

昨夜から千年あかり、

今日から天領まつりが始まった朝、

毎日新聞大分版を開くと

「幻の永山城絵図発見」の見出しが。

おまつりのメイン会場が永山城跡地です。

この史跡の一部が行政によって破壊されようとしていました。
 
史跡を大事に保存活用しましょう!

写真: 天領まつりが始まった朝、毎日新聞大分版を開くと
「幻の永山城絵図発見」の見出しが。
楢原記者のスクープか。
史跡を大事に保存活用しましょう!

NHK職員給与の平均が1185万円とは\(◎o◎)/!

銀行にあった雑誌を開いて唖然! 
NHKの職員の平均給与
1000万円を超えている。
これはありえん。・"(>0<)"・
不払いが出る筈。
民放の正社員給与は一体幾らぐらいだろう?
NHKの職員の平均給与
1000万円を超えている。
これはありえん。・

最低のジャッジがスポーツをフェアにしない!

 
最低の日本シリーズ。
日頃は、野球を見ないのだけど、
チャンネル変えたら主審の誤審。
こんな審判は首でしょう。
相撲みたいにビデオ判定が必要です。
...
当たっていない球が危険球で
ピッチャー退場、
バッターのジャスチャーに簡単に騙されるアンパイヤ。
フェアな政治が行われない日本だけど、
スポーツの世界もこの有様。
嘆かわしい!

 テレビでデジタル放送がされているのに、
未だに野球はアナログの世界。
スポーツがフェアなら、審判の判定も審判するシステムが必要です

 

審判の判定が絶対なんてナンセンス!

 

 

2012年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
My Yahoo!に追加

アーカイブ