自殺する人間の方が人間らしいのか? 

 

 

ヘンリー王子アフガンから帰還
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130122/crm13012209060006-n1.htm

フェイスブックでの記事です。
最近、ブログの方はオヤスミが多く、
フェイスブックの方は、
毎日、写真入りで頻繁に投稿しています。
・・・・・・・・・・・
 
◆戦争は、「敵」を殺すだけではなく、「私」をも殺している
先週、米紙ワシントン・ポストは、「昨年自殺した現役米兵が349人と過去最多を記録し、アフガニスタンでの昨年の戦死者(229人)を上回った」と報じた。また、昨秋の東京新聞は、「イラク帰還の陸上自衛隊員の自殺率は日本平均の14倍以上」と報じていた。

イラクの若い米兵が、こう語っていた。
「イラクでは大人も子どもも敵だと思わないといけないんだ」

... 兵士たちは、「もう戦争は嫌だ!もう人を殺すのは嫌だ!」と叫んでいるのだと思う。

憲法9条は、日本を守るためにではなく、世界を守るために必要なのだと思う。


◆米兵、自殺が戦死者上回る 昨年過去最悪に
(2013/01/16 共同通信)

 【ワシントン共同】15日付の米紙ワシントン・ポストは、昨年自殺した現役米兵が349人と過去最多を記録し、アフガニスタンでの昨年の戦死者(229人)を上回ったと報じた。

 国防総省は2001年から自殺者の集計を開始。06年から増え始め、09年に310人となった後に減少したが、昨年再び急増した。

 イラクとアフガンに派遣された兵士が心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しんで自殺するケースが多発。米軍は多数の専門家を雇用し、兵士の精神衛生問題を研究するなど対策を進めている。

http://www.47news.jp/CN/201301/CN2013011601000909.html


◆イラク帰還隊員 25人自殺
(2012年9月27日 東京新聞)

 二〇〇三年に米国主導で始まったイラク戦争に関連して、中東へ部隊派遣された自衛官のうち、先月までに二十五人が帰国後に自殺していたことが防衛省への取材で分かった。陸上自衛隊は十九人、航空自衛隊は六人に上る。防衛省は「イラク派遣との因果関係は不明」としている。

 陸自は〇四~〇六年、イラク南部のサマワに合計五千五百人を派遣し、空自は〇四~〇八年、合計三千六百人をクウェートに派遣した。海上自衛隊は現地駐留せず、自殺者もいなかった。

 自衛隊全体の一一年度の自殺者は七十八人で、自殺率を示す十万人あたり換算で三四・二人。イラク特措法で派遣され、帰国後に自殺した隊員を十万人あたりに置き換えると陸自は三四五・五人で自衛隊全体の十倍、空自は一六六・七人で五倍になる。

 一般公務員の一・五倍とただでさえ自殺者が多い自衛隊にあっても極めて高率だ。防衛省の担当者は「帰国後、何年も経過した派遣隊員と一年ごとに調べる隊員の自殺者数を比べても意味がない」と反論。派遣隊員が自殺した時期は明らかになっていないが、陸自のイラク派遣期間中の三年間は毎年九十人以上が自殺しており、自衛隊全体の自殺者数を押し上げている。

 イラク派遣された陸自は宿営地で十三回、計二十二発のロケット弾攻撃を受け、うち四発が宿営地に落下した。車両で移動中、仕掛け爆弾による攻撃も受けた。

 空自は武装した米兵をバグダッドへ空輸する際、たびたび携帯ミサイルに狙われたことを示す警報が鳴り、着弾を避けるため、急旋回などの飛行を余儀なくされた。

 過酷な環境下で任務遂行したことになるが、前出の担当者は「心的外傷後ストレス障害(PTSD)で自殺した例は確認できていない」としている。 (編集委員・半田滋)


◆イラク帰還の陸上自衛隊員の自殺率は日本平均の14倍以上
http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-11738
続きを読む
写真: ◆戦争は、「敵」を殺すだけではなく、「私」をも殺している
先週、米紙ワシントン・ポストは、「昨年自殺した現役米兵が349人と過去最多を記録し、アフガニスタンでの昨年の戦死者(229人)を上回った」と報じた。また、昨秋の東京新聞は、「イラク帰還の陸上自衛隊員の自殺率は日本平均の14倍以上」と報じていた。

イラクの若い米兵が、こう語っていた。
「イラクでは大人も子どもも敵だと思わないといけないんだ」

兵士たちは、「もう戦争は嫌だ!もう人を殺すのは嫌だ!」と叫んでいるのだと思う。

憲法9条は、日本を守るためにではなく、世界を守るために必要なのだと思う。


◆米兵、自殺が戦死者上回る 昨年過去最悪に
(2013/01/16 共同通信)

 【ワシントン共同】15日付の米紙ワシントン・ポストは、昨年自殺した現役米兵が349人と過去最多を記録し、アフガニスタンでの昨年の戦死者(229人)を上回ったと報じた。

 国防総省は2001年から自殺者の集計を開始。06年から増え始め、09年に310人となった後に減少したが、昨年再び急増した。

 イラクとアフガンに派遣された兵士が心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しんで自殺するケースが多発。米軍は多数の専門家を雇用し、兵士の精神衛生問題を研究するなど対策を進めている。

http://www.47news.jp/CN/201301/CN2013011601000909.html


◆イラク帰還隊員 25人自殺
(2012年9月27日 東京新聞)

 二〇〇三年に米国主導で始まったイラク戦争に関連して、中東へ部隊派遣された自衛官のうち、先月までに二十五人が帰国後に自殺していたことが防衛省への取材で分かった。陸上自衛隊は十九人、航空自衛隊は六人に上る。防衛省は「イラク派遣との因果関係は不明」としている。

 陸自は〇四~〇六年、イラク南部のサマワに合計五千五百人を派遣し、空自は〇四~〇八年、合計三千六百人をクウェートに派遣した。海上自衛隊は現地駐留せず、自殺者もいなかった。

 自衛隊全体の一一年度の自殺者は七十八人で、自殺率を示す十万人あたり換算で三四・二人。イラク特措法で派遣され、帰国後に自殺した隊員を十万人あたりに置き換えると陸自は三四五・五人で自衛隊全体の十倍、空自は一六六・七人で五倍になる。

 一般公務員の一・五倍とただでさえ自殺者が多い自衛隊にあっても極めて高率だ。防衛省の担当者は「帰国後、何年も経過した派遣隊員と一年ごとに調べる隊員の自殺者数を比べても意味がない」と反論。派遣隊員が自殺した時期は明らかになっていないが、陸自のイラク派遣期間中の三年間は毎年九十人以上が自殺しており、自衛隊全体の自殺者数を押し上げている。

 イラク派遣された陸自は宿営地で十三回、計二十二発のロケット弾攻撃を受け、うち四発が宿営地に落下した。車両で移動中、仕掛け爆弾による攻撃も受けた。

 空自は武装した米兵をバグダッドへ空輸する際、たびたび携帯ミサイルに狙われたことを示す警報が鳴り、着弾を避けるため、急旋回などの飛行を余儀なくされた。

 過酷な環境下で任務遂行したことになるが、前出の担当者は「心的外傷後ストレス障害(PTSD)で自殺した例は確認できていない」としている。 (編集委員・半田滋)


◆イラク帰還の陸上自衛隊員の自殺率は日本平均の14倍以上
http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-11738
  •  
 

世界の異常

 
ドイツの海岸沖で、サッカー場の25倍もある島がいきなり浮上・・。海底の変化も大忙しです。
写真: ドイツの海岸沖で、サッカー場の25倍もある島がいきなり浮上・・。海底の変化も大忙しです。

日田市の再生は成るか 2013.1.22.

 
写真: 世界遺産へ向けた
歴史と森と水を活かした
未来環境創造
平成25年1月27日(日)PM13:30~16:30
場所 日田市文化センター(中央公民館)大ホール
入場料 1,000円
第一部 基調講演
「古代日本と朝鮮半島の関係」
西谷 正(九州歴史資料館館長)

第二部 パネルディスカッション
「世界遺産へ向けた歴史と森と水を活かした未来環境創造」
西谷正(九州歴史資料館館長)
後藤宗俊(咸宜園教育研究センター館長)
高山英彦(日田商工会議所)
桑野和泉(湯布院玉の湯社長)
合原真知子(日本林業経営者協会副会長)
伊藤利光(伊藤塾塾長)コーディネーター
(敬称略)
主催 日田商工会議所・伊藤塾
協力 咸宜園教育研究センター・大分合同新聞社
後援 日田市・日田観光協会・日田考古学同好会・地元新聞社・西日本新聞社

北京からの攻撃が 2013.1.21.

以前から中国のブログに日本を攻撃的に掲載する書き込みがありました。

その中に、大気汚染物質を偏西風に乗せて日本攻撃というものがありましたが、現実になって来ています。

普段でも、ありえない場所で光化学スモッグが発生したりしています。

煙霧の襲来も」頻繁に起こるようになりました。

国際的な規制が必要です。

 

シミュレーションが警告
大気汚染が深刻な社会問題となっている中国だが、汚染物質は風の流れに乗って日本にまで届く。九州大学の竹村准教授が作成した「大気汚染粒子シミュレーション」では、過去最悪レベルとなった17日に続き、24日前後にも再び汚染物質がやってくる、と予想する。
大気汚染
中国では年間8500人が死亡
中国では家庭の暖房や車の排気ガス、工場などの排煙による大気汚染が深刻な問題となっている。都市部の汚染がひどく、北京では大気汚染による慢性的な咳症状を『北京咳』と呼ぶほど。

健康被害の大きな物質としてPM2.5と呼ばれる微粒子が注目されている。グリーンピースの報告によると、北京、上海、広州、西安の大都市圏で、昨年8500人がこのPM2.5によって死亡した、とされる。

PM2.5は花粉よりはるかに小さいため、一般的なマスクでは防ぐことが難しい。咳症状を引き起こす他、肺がんの原因にもなる。脳に蓄積され、思考力を低下させる、との報告もある。

同レベルの汚染物質が西日本に
この大気汚染物質は、風の流れに乗り、西日本にも到達する。風向きによっては、北京市内に匹敵する濃度のまま届くこともあり、注意が必要だ。

九州大学の竹村准教授は「大気汚染粒子シミュレーション」で、数日後までの汚染濃度や範囲を予測。ネット上で公開している。

それによると、過去最悪レベルの汚染物質が飛来した17日と同じく、24日にも最悪レベルの汚染物質が飛来する、と予想される。西日本の広い範囲が汚染物質に覆われるため、注意が必要だ。

極力外出を避け、外に出る際には高機能マスクを着用し、室内では空気清浄機を使用するとよいだろう。

アルジェリアでの襲撃事件 2013.1.20.

 
アルジェリアの事件について友達のブログから
・・・・
アルジェリアの天然ガスプラント襲撃事件、まだ、真相が判りません。 首謀者が現地にいないまま、メッセージを発し続けていること自体、おかしなことです。アルカイダはアメリカのCIAが育てたことは常識ですが、「911」直後の初登場に続いて、ビンラディンの死後、ここで再び登場です。今回はプラント内のイスラム教徒以外を全て拉致の対象にし、しかも、日本人技師たちもキリスト教徒と同様に扱われています。

 テロ組織が殺害したのか、アルジェリア軍の攻撃の巻き添えになったのか、これも、不明。

テロの目的が、フランスのマリへの軍事侵攻に対して抗議するため、というのは本当でしょうか? マリ北部はイスラム過激派の巣窟になっているとの情報もあります。 この事件については、「事件を起こし、テロ組織が自分の存在を世界に示すため」と言う解説がありますが、オバマ大統領の...2期目の就任式直前に、この事件が起きたことを考えると、背景はもっと複雑なのではないか、と考えられます。「アルカイダ」を名乗るものが、裏で、日米欧の各国政府、特に日本の自民党を復活させた勢力に、何かを要求しているのかもしれません。

少なくとも、これで、世界は今、政治的に、昨年11月からの思惑や計画に、「ストップ」がかかった状態になりました。この「ストップ」が狙いであるのなら、そこには、さらに深い次元で真の狙いがあるはずです。 最も考えられるのは、「通貨」に纏わることです。 さらに、日本の安倍政権が行おうとしている、アメリカ支援のための強引な金融政策も、その対象になっているかもしれません

ユーロにしろ、米ドルにしろ、「経済」をまわすためには、新規通貨の発行や、債務処理について、BISや王族会議に、何らかの措置を求めるはずです。スイスのダボス会議を前にして、どうしても主張しておきたいことが、国家間の裏側には、あるのでしょう。 そして、今後も、こうした事件が起こされ続ける可能性があります

この事件は、表面上の国際政治のセオリーでみれば、「貧困はテロの温床」が持ち出され、今後は、アルジェリアやマリ、ニジェールに、さらなる経済支援が必要との論調が生まれると考えられます。

しかし、日本企業のグローバル化には、この事件で一定のストップがかかりますが、 海外での危機管理に日本政府はより積極的なれ、という方向に、使われることにもなるでしょう。 
(新井信介)

2013年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
My Yahoo!に追加

アーカイブ