« TPPのISD条項 | メイン | 医療機関が作り出す医原病 »

ガン治療とは

るいネットの記事からです。

 

 このような『不可解?』なニュースがあった。(そのまま転写)
============================
「名古屋大病院」がん3年放置 30代患者、肺に転移し死亡
毎日新聞 3月13日(水)13時33分配信

 名古屋大病院(名古屋市昭和区)は13日、口腔(こうくう)内のがんと診断して手術をすると決めていた愛知県の30代患者に、08年から3年間入院の連絡をしないまま放置し、患者が死亡したと発表した。病院が賠償金を支払うことで遺族と示談が成立しており、記者会見した松尾清一病院長は「ご遺族に心より謝罪する。病院全体のシステムを見直す」と話した。
 病院によると、患者は初期のがんで、予定通り手術をしていれば完治していたという。
 患者は08年3月にかかりつけ医からの紹介で名大病院を受診。担当医はがんの疑いと診断し、手術をすることを説明して「入院日が決まったら連絡する」と伝えたが、その後連絡していなかった。
 患者は連絡がないまま、かかりつけ医で治療を受けたが、病状が悪化したため、11年4月に名大病院を再び受診した。その際に入院手続きがとられていないことが発覚し、翌月に手術を受けた。だが、がんの肺転移による呼吸不全のため12年4月に死亡した。

 入院手続きは本来、担当医が入院申し込みの書類をファイルにとじて、書類を別の医師が見て入院手続きを始めるが、このケースは書類が残っていなかったという。担当医は当時の経緯について病院に「記憶にない」と話しているという。【岡村恵子】
==============================
その翌朝、テレビ朝日「モーニングバード」でこの事件?がとりあげられ、そのいきさつが報道された。

それによると、2008年に癌が見つかったが「グレーゾーン」だと言うことで即手術はしなく、入院の手続きが来るのを待っていたが、届かなかったのでそのまま3年放置していたら、ガンは肺に転移して患者が死亡した。名古屋大病院は入院手続きの用紙を紛失していて連絡が遅れたことを謝罪した。......(要約)というような内容の放送で、「3年経った2011年再び受診してすぐ手術をしてその1年後に肺に転移して亡くなった」ことには全く触れずに、いかにも「早く手術をしていたら助かったのに残念だ。」「どうして病院はそんな手書きの用紙で...、電子化していなかったのか」等のコメントに終始していた。
------------------------------- 
そもそも、なぜ3年も病院から連絡が来ないからとガンを放っておく人がいるのか。そしてその理由だけで病院側は示談金を払うのだろうか。
結局、3年後手術(抗ガン剤など?)をしたから、その1年後、肺に転移ではなく肺に新たなガンが出来て死亡したのではないのか。遺族側はその医療ミスを訴えた示談ではないだろうか。

そもそも、まだ『ガンは転移する』などと日本の医療界やマスコミは堂々と言っている。アメリカをはじめ世界の最新ガン専門医療界では『ガンは転移しない』というのが定説になっている。
=================================
『医学定説を覆した千島喜久男博士』(より要約)

故・千島喜久男博士が提唱した『千島学説』は8大原理によって構成される現代医学の基盤から覆す革新的医学理論である。
ゆえに現代医学会が拒否反応を示したことは分からないでもありません。
●血液は消化された食べ物から、小腸の絨毛組織で造られる。
 定説の骨髄造血説は明らかな誤り。
●体細胞は分裂ではなく、赤血球が融合・分化して増殖する。
 生体の健康状態では細胞分裂は起こらない。よって、『ガン細胞は転移・増殖しない』
◆「食べ物」が小腸内で「赤血球」「白血球」に!
その血液の「白血球」が細胞(免疫細胞)となり、(抗体リンパ細胞も)赤血球細胞が私たちの身体(組織細胞・体細胞の集合体)となる。
◆このような基本的なことを現在の医学は認めていません。
「西洋医学」は、「血液は骨髄で造られている」と前提としていて、これに基づき「医療」が行われています。 ここに現代医療の致命的な欠陥があります。」 と述べられています。

-千島博士の警告-「現代医学による医療ミス、薬害、難病に対する無策ぶりは、人体の生理構造についての、この明白な事実を無視した結果である。もしこのまま放置すれば、国民は医療の犠牲となり、その命と健康が重大な危機に瀕することは必至である。」(略)
================================

また、「がん体質革命」小澤博樹医師によると、(要約)

■ ガン細胞を成分分析して解ったことは、ガン細胞は通常の正常な細胞に比べて多量の有害化学物質や毒素を検出している。
ガン細胞はもともと正常細胞が多量の毒素を吸収して、一点集中化させ、捨てる準備をしているのであって、ガンになることは、海岸のゴミを集めて1カ所にゴミの山を築いて、ゴミ収集車が取りに来てくれる準備をしているのと同じく自己治癒反応である。
よって、当然誰にでも1日約5000~8000個「出来て」は自己免疫力によって「消える」を繰り返しているのだ。

近年急速にガンが増えてきたのは「大気汚染」「食の欧米化」「農薬」「食品添加物」「遺伝子組替え農産物」など、(原発事故以来は)放射性物質による「空間放射能物質」「農・水産物汚染」「海洋汚染」等々による「毒素(放射能被曝)」が体内に入っていくことが増えたためである。そこで、その免疫力を上げるためにの生活改善をしなければならない。

■ガン細胞は決してブレーキが壊れた細胞として無限に増殖・転移しているのでは無い。体内の汚染を一点集中させているにすぎないから、汚染源を突きとめて、改善して汚染が止まれば、あとは自然に縮小して消滅していくのはごくごく当たり前のことにすぎない。

■これを三大治療(手術・抗ガン剤・放射線)で強制破壊すると『毒のカプセル』が炸裂して毒素が全身に拡散する。

しかし、ナチュラルキラー(NK)細胞理論と同様に、これらのガン事実は既存のガン治療にとって非常に不都合な真実であるために、医療界では一切黙殺されている。ガン産業にとっては、あくまでもガン細胞が無限に増殖して患者を殺す恐ろしい細胞であってもらわなければ商売上困るからだ。国民にも知らせないので、今日もこの事実に気づかない庶民は、まったく意味のない治療で切り刻まれ、毒を盛られている。 (略)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ガン治療とは

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/3060

2013年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
My Yahoo!に追加

アーカイブ